希望発見ブログLooking for HOPE

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

希望発見ブログでは、霊的知識(スピリチュアリズム)を元に、瞑想、心の癒し、死後の世界(天国)の実像についてお伝えしています。
(いかなる宗教とも一切関係ありません)◎皆様の受け入れられる範囲でお読み下さい。

スポンサーリンク

シルバーバーチの霊訓から名言集【第7回:121~140】地球をもっと優しい世界へ

生まれてきた時よりも、美しい場所へ

 という言葉には、多くの人にとってダークなイメージと恐怖心が伴います。しかし死後の世界の実像は、天寿を全うした一般的な心優しい人々にとって、まるで暗いトンネルから抜け出て、突き抜けるような青空と優しい陽光に包まれるような、極めて明るい生命体験です。
 死後新たに暮らす世界では、心にある愛の量が、そのまま霊体の輝きとなって反映され、永遠の財産となります。心優しい人ほど"偉い人”なのです。
 だからこそシルバーバーチは、人生で物的な財産や名声に執着する人は、幻影にすぎない一時的な宝をためこんでいるのであり、人生を無駄にすることになると度々忠告しています。この世で広く信じられている成功の概念に、執着しすぎてはならないということです。
 私たちの故郷でもある死後の世界には、界層といって個々の霊的成長度に適合した暮らす場所が無数にあります。そこでは霊的親和力によって同じ霊的発達程度の、心から愛し合う人同士が共に生活をします。
 義理的に誰かと一緒にいることもなく、気遣いも無用で、誰しも自身の霊的成長のため、やりたいことをとことん追求する世界です。私たちはこの世に誕生する前、そんな自由と愛あふれる世界で当たり前のように暮らしていました。
 それだけに、地上社会は私たち霊的存在にとって大変異質な世界です。中には子供の頃から、言葉に表せないような違和感や生きづらさを感じている方もいらっしゃるかもしれません。それはある意味、当然と言えば当然です。
 何しろ、約80億もの異なる霊的レベルの人々が混在して暮らしている上に、人々の生活を司る政治の世界に、精神に強い利己性や残虐性を帯びた霊性の低い人もいるので、あらゆる争いや混乱、貧困や戦争まで生まれます。
 古代より、賢明な社会的リーダーとは、自分が治める民と同じものを着て、同じものを食べ、自分が犠牲になってでも人々の生活を助けようと努力し、この生きづらい地上人生の苦楽の価値観を共有できる人でした。彼らはそうすることで、社会的不安や不満が最小限に抑えられることを知っていました。お互いに助け合い、愛し合うことこそ、霊的に正しい生き方の絶対条件でもあります。
 せっかく多くの人々に愛を与えられる政治の世界に生きながら、己の欲望の虜になったがために、死後、辺り一面を暗闇が覆う低い界層に導かれ、後悔と償いに明け暮れる人は少なくありません。反対に、真摯に人々のために尽くした人は死後、光輝あふれる世界に導かれます。そして生前の情熱がさらに大きくなり、同じような崇高な動機を持つ人々を霊界側から懸命に援助します。
 また、家庭を含めて他者に威張り散らしてしまう横柄な生き方も、死後永い後悔と償いが待っています。人間は皆が神聖な存在で、魂の霊的レベルの高低も、社会的な立場や年齢とは全く無関係です。
 たとえば、両親よりも子供のほうが遥かに霊性が高い魂が宿っていることもあります。どんな相手にも謙虚な姿勢で接すれば、両親や学校の先生が、子供たちから学ぶことはたくさんあり、高齢者が10代や20代の方から学ぶことだってたくさんあります。一生を終えてみれば、自分より未熟だと思っていた相手が、仰ぎ見るほど崇高な魂の持ち主だったという例も多々あります。
 シルバーバーチも横柄な態度で威張るような生き方こそ、死後もっとも後悔する、愚かな行為だと言い、常に他者に敬意をもち、優しく接すること大切さを繰り返し言及しています。
 そして相手がたった一人の人間、たった一匹の動物でも、自分以外の誰かの重荷を軽くしてあげることができたなら、その人の人生には大きな意味があったことになると言います。
 私たちは、永遠に続く霊的成長の道を歩む旅人です。この地上社会はその旅路の中の短期滞在先の一つです。よく小学校の遠足で「来た時よりも美しく」と先生が子供たちに呼びかけた上で、後片付けやゴミ拾いをさせます。美を大切にすることは、人間が本来持つ心の豊かさを引き出し、次に訪れる人々のことを思う、優しい心を育みます。
 地上人生も、優しい心を育むことを目的とした遠足のようなものです。この地球という星を、自分が生まれてきた時よりも少しでも美しく、お互いに優しく、生きやすい平和な世界にしていくことは、一人一人に課せられた神聖な使命です。次に、シルバーバーチの言葉をお伝えします。

シルバーバーチの名言:121ー130

121:死後の世界は精神世界であり、自覚が全ての鍵です。霊的知識が自覚を生みます。自覚が芽生えるまでは地上で満たされなかった欲望の幻影の中で暮らします。欲が深いということは、まだ霊的自覚が芽生えていないことを意味します。私がいつも霊的知識は人間にとって宝だと申し上げているのは、それが死後の世界への順応力につながるためです。

 

122:一旦、人間が霊的存在であることを悟ると、この地上世界もその霊性を存分に発揮される環境であらねばならないとの認識が生まれます。だからこそ、人々の霊的成長を妨げる利己主義や不正、暴力を地上から一掃せねばならないのです。

 

123:困難の中にあってもくじけず、いかなる緊張の中にあっても動ぜずに次のように宣言できる人の信念こそ本当に価値があります。世界がいかに混乱し全てが暗黒に包まれ絶望的になろうと、全宇宙を創造し神性を賦与した力は、決して自分をお見捨てにならないと信じる。霊的知識による不動の基盤の上に築いた完璧な信念によって、私は絶対に動じないと。

 

124:神の力は物質的な宗教的建造物ではなく、霊的存在であるあなた方人間を通して流れます。もしあなたが確固たる不動の冷静さを保てず怖気づいてしまえば、その力は発揮されません。あなたは神の一部なのです。神とは何か形がない遠い宇宙の果てにもやもや浮いているような存在ではありません。神はあなた方から切り離された何か別の存在ではないのです。あなたの内奥に宿された神性である愛を人生で発揮すればするほど、それだけあなたが神をこの世に顕現させていることになります。霊が進化・成長するとはそのことをいうのです。そうやってあなたの個性は磨かれていきます。これは是非学んでいただきたい教訓です。

 

125:地上に既存する宗教に対して、どれほど深い信仰心を抱いていたとしても、死後、それまで一生大事にした宗教的教義の全てが空虚で無価値、無目的だったことを知ります。人工的な教義は、魂の成長を微塵も助長していないからです。魂の成長は、自分を誰かのために役立てることによって促進されます。誰かのために自分を忘れて行動するうちに、内部にある愛が大きさを増すものだからです。

 

126:絶対に許してならないことは、心に不安の念を居座らせることです。取り越し苦労は魂を弱らせ、蝕み、理性を曇らせ、事態を明確に見極めることを妨げます。心に内在する愛を常に発揮するような生き方をしていれば、いかなる人間も自分で解決できないほどの問題、克服できないほどの障害は決して生じません。

 

127:霊的知識を手にしたあなた方は、人生のあらゆる問題を、その知識に照らして考察し、才能の全てを発揮できるようにして下さい。

 

128:意識するしないにかかわらず、人間が愛を発端とする動機の元、何かを始める時、必ず霊界側からの援助があります。心を静穏に保ち、霊界側からの波長に合わせる努力をしていただくと、その援助を受け取ることができます。自信を持って断言しますが、霊界の者は、地上の人間を見放すようなことは絶対にありません。私たちは霊的条件の元で最善を尽くします。皆さんも最善を尽くして下さい。

 

129:今日もっとも必要なのは基本的な霊的知識です。それは、墓場の向こうにも生活があること、人間は決して孤独な存在ではなく、誰一人見捨てられることもないこと、一人一人が深く愛されているということです。心を奮い立たせてください。胸をはって生きて下さい。地上世界に怖がるものは何一つありません。何事も必ず克服できます。

 

130:魂の奥底から他人のために良いことをしてあげたいという願望を抱いている人は、襲いくる困難がいかに大きく厳しいものであっても、必ず霊界側から救いの手が差し伸べられます。恨みや憎悪、不安のような低級感情は霊的援助の妨げになるので手放し、心を愛と慈悲で満たすようにして下さい。

 

シルバーバーチの名言:131ー140

131:人生で転んだら、すぐに起き上がればいいのです。転ぶということは、起き上がる力を試されているということであり、もう一度立ち上がることができるということです。一度も転んだことがない人は、真っすぐに立つことがどういうものかを知らない人です。

 

132:霊的知識を手にした時点で、霊界の高い界層とつながり、さらに多くの知識とインスピレーションを得るようになります。一旦その霊的関係ができあがると、人間側が拒絶しない限り、二度と断絶することはありません。この難問と混乱に満ちた地上世界において、霊的知識を正しく理解したあなたが霊的な灯台となり、暗闇の中にいる人の心に光を輝かせて下さい。

 

133:人間は一人一人が霊的に異なった霊的発達段階にあるため、人間の集まるところには、必ずトラブルが生じます。幸いにして自分のほうが霊的進化の階段の高い位置にいる人は、自分より低い位置にいる人に対して、同情と寛容と理解のある態度で接するべきです。

 

134:霊的に偉大な人間ほど、困難な人生を選択します。それはその人が誕生前から覚悟していた挑戦です。困難を克服することによって、それまで未開発だった資質が開拓され、霊性が一段と強化されるのです。しかもそれは、死後霊界においてなさねばならない、より大きな霊的活動のための準備でもあるのです。

 

135:地上から霊界にやってくる人の中には、横暴な性格の人や霊的なことに全く無知な人、また一生を利己的なことばかりに奔走して、霊的な側面が全く眠ったままの状態でやってくる人がいます。そういう霊性が貧弱な人が死後暮らす低い界層は、美しさとはかけ離れた薄暗い世界です。地上世界に霊的知識を広めることによって、地上だけでなく、霊の世界の暗い部分を無くしていくことができます。

 

136:人生で遭遇する問題の一つ一つがいかに強烈で強大でも、あなたの霊的進化を妨げるものは絶対に生じません。大切なのはそれにどう対処するか、その心の姿勢です。困難を克服していくごとに、あなたの霊性が強化されていきます。あなたは霊的存在であり、神の一部であり、全ての困難を克服する強さと資質を秘めています。

 

137:心配の念を追い払いなさい、自信を持ちなさい、不撓不屈の精神で生きなさい、神は絶対にお見捨てにならないからと申し上げてきたのは、そうした心の姿勢でいてこそ霊力が働きやすいからです。霊的知識を少しばかりかじった人はよく、なぜ霊界のほうからもっと援助してくれないのか、と文句を言うようですが、実際にはそういう人ほど、霊界からそうしてあげるための条件を整えてくれないものです。

 

138:あなたの生涯を見守っている霊的ガイドには、血縁関係にある霊もいれば、地上的な縁故関係は全くなく、果たさんとする目的おいて志を同じくする者、言ってみれば霊的親近感によって結ばれる場合もあります。そこには民族や国家の違いはありません。地上を去り、地上的習性が消えていくと、民族性や国民性も消えていきます。魂には民族も国家もありません。あるのは肉体上の差異だけです。

 

139:肉親を失った人を慰めることはとても大切なことです。悲しみの中にいる人の涙をぬぐってあげることも大切です。しかしもっともっと大切なことは、霊的知識を日常生活の全てに生かすことです。霊的無知から生じる世の中の害毒を無くして下さい。

 

140:あなた方は、この地上にあって素晴らしい霊的知識と出会い、それが生涯を通じて人生の基盤となったことは、大変幸せなことです。霊的無知の闇の中にいる人々を救ってあげて下さい。それが、私たち霊界の者が皆さんに望んでいることです。

今日も最後まで希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
Your soulmate friend,Lani

参考文献:シルバーバーチの霊訓(1ー12)、これが心霊の世界だ、霊力を呼ぶ本、人生は霊的巡礼の旅、インぺレーターの霊訓、ベールの彼方の生活、私の霊界紀行(以上全て潮文社)、シルバーバーチに最敬礼(コスモス・ライブラリー)、(以下全てハート出版)シルバーバーチの新たなる啓示、シルバーバーチの最後の啓示、シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A、シルバーバーチ今日のことば

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work