希望発見ブログLooking for HOPE

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

希望発見ブログでは、霊的知識(スピリチュアリズム)を元に、瞑想、心の癒し、死後の世界(天国)の実像についてお伝えしています。
(いかなる宗教とも一切関係ありません)◎皆様の受け入れられる範囲でお読み下さい。

スポンサーリンク

この心癒えるまで【2】アファメーション*徹底的なポジティブ思考で、心に優しい毎日を

私を覆う漆黒の夜 鉄格子にひそむ奈落の闇
我が負けざる魂に どんな神であれ感謝する 
無惨な状況においてさえ 私はひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされようと 血を流そうと 
私は決してあきらめない

激しい怒りと涙の彼方に 恐ろしい死が浮かびあがる
だが 長きにわたる脅しを受けてなお 私は何一つ恐れはしない
門がいかに狭かろうと いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者 私が我が魂の指揮官なのだ 

ウィリアム アーネスト ヘンリー「インヴィクタス」

自分の心を支える方法

 人が他者に親切心から送る言葉には、冷たい響きを放つものがあります。よく言われる「若い頃の苦労は買ってでもしろ」も、個人的にはその一つ。苦労は人を成長させることもあれば、視点を誤ると心を縮めることにもつながります。この言葉を送る人が、苦労に直面した際の心の持ち方まで教えてくれれば、縮こまった心を蘇らせる方法がわからずに苦しみ続ける人の数は、もっと減るかもしれません。
 私は20代の中頃、自分の心を著しく委縮させてしまったことがありました。何をしてもうまくいかないことや予期せぬつらい出来事が続く中、何かと思い悩む私を辛辣に批判する人もいて、私の心は猛スピードで負のスパイラルをたどっていました。
 そんなある日、突然胸に太い針を突き刺したような強烈な痛みを感じ、呼吸困難に陥りました。同様の症状が毎日頻繁にやってくるようになり、ついには死んでしまうのでないかという不安にさいなまれました。
 今でこそ何度も「死は一切怖くない」と記事上で霊的メカニズムを踏まえた上でお伝えしていますが、当時は霊的知識は皆無で、私にとって死は最大の恐怖の対象でした。
 結局、病院で精密検査をした結果、身体のどこにも異常は見つからず、「パニック障害」という当時は全く聞きなれない言葉を医師から伝えられました。そして「精神的なストレスが原因です。死ぬことはないから安心して下さい。」という言葉を受け取って病院をあとにしました。
 元々私は、子供の頃からひどい心配性の持ち主で、何かに恐怖心を感じると、物事を悪いように拡大解釈してしまい、さらに悪い状況を思い浮かべて心を大騒ぎさせ、自分をどんどん追い詰めてしまうという、タチの悪い思考回路を持っていました。
 理解に苦しむ症状が出て何もできなかった間、自分だけが泥沼を這いずり回っているような情けない感情を抱いていましたが、あの経験が、私に心を癒す方法を真剣に模索させました。同時に、心傷ついた人に対する理解力が深まり、その後の人生で使えるストレス対処法を多角的に学ぶきっかけになりました。
 やがて自分を苦しめた症状は自然に消滅し、それ以降、人生で大きな緊張や不安に見舞われたり、理不尽な出来事に怒りと悔しさが入り混じるような時も、その都度自分自身で自分の心を上手に支えられるようになりました。(あくまでも個人的な経験なので、現在何かしらの心の病を患い通院中の方は、必ず医師の指示を最優先にして下さい)
 改めて自分を見つめ直した時、そこまで自分を追い詰めてしまったのは、他でもない自分自身のネガティブな考え方にあることに気づきました。つらい過去を何度も思い出して心を怒りや悔恨で満たしていたのは自分であり、自分を価値のない人間と思い込み、世界で最も自分を過小評価したのも自分で、最悪のことばかり想像して自分をおびえさせてきたのも自分です。
 そうしたネガティブな思考・感情が蓄積し、無意識のうちに呼吸が浅くなり、自律神経の乱れや代謝の悪化を引き起こし、ある日突然心身の不調となって現れたのも、無理もありません。
 そんな時私は、もっと普段の思考に注意を払い、ポジティブな言葉を意識的に毎日繰り返せば、悲観主義や心配性から脱却し、より明るい未来を引き寄せられる方法があることを学びました。それが、アファメーションです。

アファメーションの霊的メカニズム

より危険なことは、あなたの願いが高すぎてそれに届かないで失敗することではありません。願いが低すぎるにも関わらず、それをしようとすることです。
ミケランジェロ

  私たち人間は、思考によって物事を現実化する絶大な能力を持つ霊的な存在です。まず、その理解が大切です。実際に、一生を終えた後の世界では霊体のみで生活し、コミュニケーションは全て言語ではなく以心伝心で行われ、必要なものは何でも思考の力で作りだすことができ、移動する際も行きたい先や会いたい人のことをはっきりイメージするだけで、一瞬にして移動できます。
 今私たちが生きている三次元の物質の世界では、霊の世界のようにすぐに思考が現実化することはありませんが、この世の人生でも霊体を持っていることに変わりなく、私たち一人一人の思考が良くも悪くも人生に影響を与えています。
 人間の思考は身体を取り巻くエネルギーフィルド(オーラ)と非常に密接な関係があり、様々な思考や感情は全てオーラに反映されます。そして、オーラから放射されるエネルギーの周波数と同じ波長の出来事を磁石のように人生に呼び込みこみます。これが、俗にいう引き寄せの法則の基本原理です。
 かつての私のように、悲観的になったり心配ばかりして、陰鬱なオーラで自分を包み込むことだけは避けたいところです。どれほど心配することにエネルギーと時間を費やしても、人生は一ミリたりとも良い方向には進みません。
 ちなみに、この世を旅立った方は霊体に備わる霊視力で、地上の人間のオーラを視ることができ、その人の願望も悩みも全て理解できます。その情報を元に、霊的に愛ある関係の人を全力で援助しようとしますが、助けたい相手が陰鬱なオーラに包まれていると、援助の通路を阻まれます。
 霊的な援助(霊力)は決してとりとめのないものではなく、人の心に直接働きかけができ、その人の問題解決のために、あらゆる事象を引き起こすことができます。私たち一人一人の周りには、必ず自分を愛する霊がいて、ある時は守護し、ある時は導き、またある時はネガティブな思考を打破したりと、賢明に支え続けてくれています。
 そういう意味でも、前向きな言葉を使用してポジティブな思考態度を身に着けることは、オーラ全体のエネルギーを霊的世界の住人と同調させ、人生そのものを明るく彩ることにつながります。
 今この文章を読んでいる皆さんは、すでに霊的知識を手にされている方ばかりです。霊的知識は、この世のどんな高価な物にも勝る永続性のある価値ある財産です。なにしろ一生を終えたあと、全ての物的財産が全く価値がなくなった後も、ずっと生活のすべとを支え続ける最高の知的財産でありつづけるものです。
 そんな財産をすでに引き寄せたことのある皆さんが、万が一にも「私には、人生に良いものを引き寄せる能力がない」「私は運が悪い」などと弱気になるのは、一番やってはいけないアファメーションです。
「私は幸運を引き寄せられる達人なんだ」と自認した上で、「私の人生は常に豊かさに満ち、愛と喜びに満ちている」と、眩しすぎるほどの明るい風景が視界に広がるようなアファメーションで、心を満たしましょう。次に、もう少し例文をあげてみます。 

アファメーションの例文

どうせ年をとるなら 陽気な笑いでこの顔にシワを刻んでいきたい
ウィリアム シェイクスピア

 アファメーションの文章の作り方は、基本的に「私は~」もしくは「私、(自分の名前)は~」と一人称で始めて、まだ起こっていないことでも、自分の願望や望む人生の詳細を遠慮なく文章にして現在形で完成させます。例をいくつかあげてみます。

◎私の人生は、いつもうまくいっています。
◎私は素晴らしい人間で、皆に愛されています。
◎私にはどこにいっても信頼できる友達がいます。
◎私は愛をもってつらい過去を全て手放し、愛のみを人生に引き寄せています。
◎私の人生は、今のこの状況から幸せな気分になることがだけやってきます。
◎私は常にポジティブなエネルギーに満ち、毎日健康です。
◎私の心と身体は常に調和がとれ、私の健康状態はどんどん良くなっています。
◎私は常に自分に優しく接し、周囲の人からの愛を受け入れます。
◎私は霊的にも物質的にも、毎日豊かな生活を送っています。
◎私は愛ある健全な人間関係のみを、人生に引き寄せています。
◎私の収入はコンスタントに増え続けています。私はどこにいても豊かになれます。
◎私にはどんな夢も実現させる無限の力があり、私は情熱に従って本当にしたいことを支えていきます。
◎私は他人にどう思われるかを気にするより、私自身が私をどう思うかを大切にします。私は自分の全てを愛し、自分の心と身体を毎日大切にします。

 あくまでも例文なので、ご自身に相応しいアファメーションを最初は2、3自由につくり、毎日10回でも20回でも声にだして繰り返して読んでみて下さい。自分の夢や願望をアファメーションにして紙に書いて壁にはったり、日記やスマホなど、毎日よく目にするところにメモすることも、とても良い方法です。
 アファメーションをしても、他の一日の時間帯をネガティブなことばかり考えていたら、意味がありません。ちょっとした空き時間に、積極的にアファメーションをするよう心掛けてみて下さい。
 とても不安な時や、どうしても物事を悪い方向へ考えてしまう時なども、アファメーションをすると、ポジティブな祈りとなり、自分をなだめ、緊張を解き放って落ち着かせ、心に安心感をもたらします。
 人間誰しも、運命を嘆きたくなるような困難に直面することがあります。弱気になったり、ひるんだり、くじけそうになることは自然な感情ですが、そんな時は、自分こそが無限の可能性を持つ霊的存在であることを思い出し「必ず道は開ける。絶対に状況は良くなる。私は常に安全で絶対に大丈夫」と、最大限の強気の意思を心に燃やすことこそ、事態を確実に好転させることにつながります。
 人は地上人生だけでなく、一生を終えた後の人生でも、心(霊性)の低い部分を克服し、高い部分(愛)を発揮することに懸命に取り組みます。何度も葛藤を繰り返し、そうした奮闘と努力の中で、次第に精神が高尚さを帯び、不純なものがそぎ落とされ、真の霊的成長につながります。この地上人生の旅路には、多くの暗闇が潜んでいて、その中で心の癒しに真剣に取り組むことは、決して無駄な時間にはなりません。
 自分の人生にポジティブな変化を起こせる人間は、自分だけです。別にどこかに行く必要もなく、お金もかかりません。自分の口から出てくる言葉から、ポジティブに変えていけばいいのです。それが心に明るい静寂をもたらし、自分が本当に望むこと人生に呼び込みます。
 最後に、アファメーションを世界中に広め、多くの人の心の支えになったルイーズ ヘイさんの言葉をお伝えします。

ルイーズ ヘイさんの心に優しい言葉集
私を怒らせるもの、怖がらせるもの、その全てを克服しよう。私が考えたり、口にだすことは、人生で成し遂げたいことだけである。私の世界では全てがうまくいく。そして私は、常に安全なのだ。 

 

もし、自分の全てを完全に、また十分に愛せないとしたら、それはいつの間にか愛さないことを学んでしまったに違いありません。そんな時は、自分に優しくすることを今からすぐ始めましょう。

 

アファメーションをした瞬間に、あなたは被害者という立場から一歩抜け出しているのです。あなたはもはや無力ではありません。すでに自分の力に気づき始めているのです。

 

アファメーションは、癒しの最初の一歩です。アファメーションの言葉を言い続ければ、どんな苦しさからも自分を解放できる準備ができ、やがてアファメーションは現実となり、新しい道があなたの前に開けるでしょう。

 

人生はそれほど複雑で面倒なものではないのです。私たちは皆、自分の考えや感じ方をもとに生きています。自分自身が信じていることが、自分にとっての真実となるのです。

 

人生にポジティブな変化を起こす用意ができると、必要なものは何でも、私たちのところに引き寄せられてきて、手助けしてくれます。

 

今、この瞬間に大切なことは、今あなたが選んでいる考え方や信念や言葉です。その考え方や言葉が、あなたの未来をつくります。今の思いが、将来のあなたの経験となるのです。

 

私たちは大人になると、周りの人がどう思うかを気にするようになります。「あの人たちは私をどう思っていのだろうか」と。世の中のどんな人も他に二つとない、違いを持った存在です。もし自分が別の人と同じだったら、自分の特性を表していないことになります。だから、人と同じでなくていい、違っていいのです。

今日も最後まで希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend,Lani

参考文献:シルバーバーチの霊訓(潮文社)、ベールの彼方の生活(潮文社)、こころが安らぐ本(大和書房)、こころが満たされる本(大和書房)、私はできる!(サンマーク出版)、すべてうまくいく(角川書店)、スピリチュアルパワーに目覚める10の秘密(PHP)、人生をもっと幸せに生きるために(河出書房新社)、パワーオブ・ザ・ソウル(JMAアソシエイツ)、365日名言の旅(ライツ社)あの世から届く愛のメッセージ(徳間書店)、ワイス博士のストレス・ヒーリング(PHP)、*冒頭の詩は、映画「インヴィクタス・負けざる者たち」からの引用

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work