希望発見ブログLooking for HOPE

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

希望発見ブログでは、霊的知識(スピリチュアリズム)を元に、瞑想、心の癒し、死後の世界(天国)の実像についてお伝えしています。
(いかなる宗教とも一切関係ありません)◎皆様の受け入れられる範囲でお読み下さい。

スポンサーリンク

シルバーバーチの霊訓から名言集【第9回:161~180】愛を祈りに、祈りに愛を

愛の世界にいかず、暗闇でくらす霊の存在

 死後の世界はどんな世界なのか?この疑問に最も正確かつ簡潔に答えるとするなら、それはの一文字につきます。地上世界のように、国籍や人種、宗教により分け隔てや争いもなく、同じ霊的成長度の気の合う人同士、愛する人同士が安らぎに満ちた環境で生活を共にし、お互いが積極的に助け合う世界です。自らの利益を最優先する為政者もおらず、物質的な貧困で苦しむ人も一人もいません。
 しかし地上人生の生き方によって、霊的貧困層に陥る人がいます。貧困層には霊的に全く無知(霊的世界の存在を完全否定する人)だったり、特定の宗教を熱狂的に信仰していたり、地上世界特有の欲望(権力、金銭、ギャンブル、アルコール、薬物など)を強烈なまでに精神に宿している人、また暴力性、利己性の強い人が含まれます。
  そうした人は死後、地上圏に極めて近い暗闇が支配する界層に導かれるだけでなく、自らの欲望を満たすためにいわゆる地縛霊となって、地上にいる自分と同質の人間を見つけ出し、思念を吹き込んで自らの欲望を遂げようとしたり、自分の死に理解が及ばず、何十年、何百年と地上世界を徘徊し、無意識のうちに地上に暮らす人の精神を追い詰めたりすることがあります。
 地上世界と霊の世界は、お互いに融合し、絶えず影響を与え合い、同じ波長、同じ思念、同じ願望を持つ人同士を良くも悪くも引き寄せ合っているのです。
 もし、皆さんが普段から善意に生きているのなら、近づいてくる霊は心優しい善意に満ちた霊のみです。反対に憎悪に燃えたり、意図的に誰かを苦しめるような行為を考えていると、同じような思いをもつ霊のターゲットになりかねません。波長が低すぎて、霊的ガイドも守りきれなくなることもあります。
 私たちが日常生活の中で過度な欲望を慎んだり、心をできるだけ平穏に保つよう意識したり、基本的な霊的知識を身につけてさえおけば、何ひとつ問題なく、低い界層の霊たちが、死後も地上に引き寄せられることもありません。
 以前、別の記事でご紹介したことがあるのですが、高級霊団(Mercy Band)と協力して、地縛霊となってしまった人の救済活動に生涯を捧げた夫婦(ウィックランド氏)がいました。妻アンナは霊能力を待ち、夫カールは精神科医です。元牧師で、ウィックランド夫妻の活動に協力していたウィリアム イエイツ氏は死後、ウィックランド夫妻の元に現れ、以下のようなメッセージを送っています。

地球を取り巻くように存在する物的波動の低い界層は、地縛霊と呼ばれる霊の住む暗黒の世界です。利己主義と無知が生み出す暗黒です。そこで暮らす霊は、自分以外の人のことを考えるまで霊性が発達していないのです。その暗黒界は、狂信的な宗教信者や拝金主義者などもいて、それはそれは壮絶を極めております。そうした霊の存在が、地上の類似した人間の波長と合致して、生活を破綻に追いやっています。死後の世界では、地上で築いた財産や特定の宗教への信仰心が全く意味を持ちません。大事なのは、日常生活における愛ある行為です。

 

もし悪意のある霊の存在に不安を感じたら、「自分こそ自分の身体の主なんだ、他の誰にも入らせない」と強く自分に言い聞かせて何度も繰り返すことです。その思念によって霊的な力が湧き出て、それが身を守ることにつながります。

次は、ウィックランド夫妻の活動を霊界側から支えた高級霊のメッセージです。

この地上に生きているうちに、地上生活のことだけでなく、死後の世界について勉強しておくべきです。そうすれば、他界した際、迷うことなく予め用意されている場所に落ち着き、いつまでも地上の我が家をうろつきまわるようなことがなくてすみます。霊界では、個々の霊的理解力と成長に応じた境涯に暮らすということを、知っておいて下さい。


 熱気球, 出演者, 崖, 大自然, バルーン, ネイチャー, しぜん, 星空

祈りによって救われる人がいる

 地上で人生を送った人が、他界後いきなりシルバーバーチのような高級霊が暮らす非常に高い界層に導かれることはありません。一般的に周囲の人に善意で生涯を過ごした方は、光輝にあふれるとても美しい境涯に落ち着きますが、霊的視点からみれば、そこもまだ地上圏に近いところです。
 多くの人が死の直後、普段の睡眠のように精神が休眠状態となります。霊的理解力や個々の霊性によって、霊体での目覚めの時期は異なります。人によっては中々目覚めなかったり、目覚めても頭が混乱する人もいます。また前述したような理由で、地上世界に執着してさまよい始める人もいます。
 天国の住人もできるだけ援助はしますが、頑なにその援助さえ拒否する人も多く、容易ではありません。特に高級霊は他界後の霊との波長の差が大きく、援助が難しくなります。
 そこで、私たち地上にいる人間の出番です。他界された方の霊体の波長は、高級霊よりも私たち地上の人間の波長にとても近く、私たちの愛の思念に大変感応しやすい状態です。祈りの力は、どんな一生を送った方にも、どのような形で他界された方にも届き、霊的覚醒を著しく促し、霊的世界への順応を大いに手助けすることになります。
 地上から届く愛の念は、色彩を帯びた美しいロウソクの灯のような光となって瞬時に届き、他界された方にとって、これほどありがたいものはありません。なぜなら、祈りによって届けられる非常にエネルギーレベルの高い愛の念を受け取ることによって、霊体の波長が高まり、霊的真実への理解力が芽生え、高級霊を含む天国の住人の援助を自然に受け取ることができるようになるからです。
 地縛霊になりたくてなる人は誰もいません。誰かに祈ってもらう、それだけで救われる魂がたくさんいます。地縛霊でなくても、愛のこもった祈りの念は、他界後の年数に関係なく、天国へ旅立った方の深い安らぎと幸福感に確実につながります。
 祈り方には、決まりきった形式は不要で、場所もどこでも結構ですが、自分なりに心をこめることが大切です。お勧めの方法は、数回深呼吸を繰り返し精神を静め、他界された方が生前元気にされていた写真を目の前に置いて、その方の姿をはっきりイメージします。 
 そして、感謝していること、愛していること、天国で安らぎに満ちた生活をしてほしいことなど、愛をこめて祈ります。全く死後の世界を信じていなかった方には、何が起こったか伝えてあげて下さい。その他、個人的に伝えたい事は心で思っても声に出しても必ず伝わります。
 これまでもこのことについては数回お伝えしてきましたが、他界された方への祈りは、どれほど強調してもしすぎることはないほど、とても大事なことです。次にシルバーバーチの言葉をお伝えします。

シルバーバーチの名言:161~170

161:霊にかかわることは、慎重な配慮による進歩を要します。急激な変心は長続きしません。一人また一人と、暗黒から光明へ、無知から知識へ、迷信から真理へと進むごとに、世界が進歩します。その一人一人が物質第一主義に打ち込むくさびです。

 

162:霊の世界を知った方は、より大きな生活の場を垣間見たことになり、宇宙の構造の内奥に触れたが故に、無責任なことができなくなります。この世界に対する義務と責任をいっそう自覚するからです。また、物的なことに心を奪われたり、偏ったりすることがありません。安全も援助も全て“霊”の中に見出すことができるのです。

 

163:霊的知識があなたの生活を支配し始めた時、心に静寂と冷静さが生まれ、日常生活の一つ一つに正しい認識を持つことができます。霊的な目で日常生活を眺め、その背後に霊的基盤があることを忘れずにいれば、人間の最大の敵である取り越し苦労と決別できます。霊的知識は我が身を守る鎧(よろい)です。不安は魂を蝕み、さびつかせます。

 

164:病める人、愛する人を失った人、絶望の淵にいる人、人生の重荷に耐えかねている人など、自分より恵まれない人に手を差し伸べたいという願望に燃える人には、必ずやその背後に霊界からの援助の手が差し伸べられます。時には、万事休すとあきらめかけた、その最後の一瞬に救いの手が差し伸べられることもあります。

 

165:あなた方が地上という物質界へ生まれてくる際に、守護の役を任され、誕生の瞬間よりずっと見守り導いてきた霊的ガイドもいます。そのおかげでどれだけ助けられ導かれたかは、皆様にはわかりません。霊の力は避難所であり、霊の愛は聖域であり、霊の叡智は安息所です。

 

166:人間の心には裏切られることはありますが、霊界側はあなたを決して裏切ることはありません。たとえ目に見えなくても常に導きを怠ることなく、愛の手があなた方の周りにあることを忘れないで下さい。

 

167:神聖なる霊の力は、宗教的建造物ではなく、あなた方人間を通して授けられます。いかなる建物よりも、誰かのため思い、一身を投げうって下さる人のほうが、遥かに大事です。世間の拍手喝采などは決して求めず、ひたすら誰かのためという心がけを忘れないで下さい。そうすれば高い霊的波長にのみ感応します。

 

168:人生の最高の目標が、霊性()の開発であることを決して忘れてはいけません。ご自身の永遠の本性にとって、必須のものに目を向けることです。それはあなたが不死の魂であり、それが一時的に物的な身体をまとって地上で自我を表現していること、心がけ一つであなたを通じて神の神聖な力が地上に顕現するという真実を悟ることにつながります。

 

169:世間の賞賛はどうでもいいことです。人気というものは、容易に手に入り容易に失われていきます。もしもあなたが、他人のために自分なりにできるだけのことをしてあげたいという確信を、心の奥に感じることができたら、あなたは高級霊と協力する資格を身に着けたことになります。それは実に偉大なことです。勇気を持って戦って下さい。あらゆる不正、闇、横暴、不公平と戦って下さい。あなたの背後には霊の大軍が控え、鼓舞し、援助し、決して見捨てることはありません。

 

170:人間が必死に求めようとする地位や財産や権力は、霊的には全く重要性がありません。そんなものは死と共に消えてなくなるのです。しかし、誰かのために施した善意は、あなたの霊体に刻まれ、決して消えることはなくあなたの霊的成長につながります。

 

シルバーバーチの名言:171~180

171:奉仕的精神から発動した愛は偉大です。自分という魂を、多数の人間の運命の改善に役立てようとする時、そこには己の栄光をひとかけらも望まない高級霊を引き寄せます。

 

172:困難が生じた時こそ、平穏で受け身の心になるよう努力なさることです。そうすれば、あなたと霊的ガイドのオーラが一体化し、霊的ガイドから必要な回答を授けられます。あなたの霊的成長度によっては、十分なものが得られないこともありますが、その時も慌てずに瞑想して心の平穏を保つことです。今度は霊的ガイドが何とかしてくれます。

 

173:心に恐怖心を宿してはいけません。完全に拭い去って下さい。あなたの誕生以来、今日までずっとあなたを導いてきた霊的ガイドが、今になって見捨てることはありません。これまで日夜あなたの生活の支えとなり、より一層大きな霊的回路とするための受容力の拡大に心を砕いてきてくれたのであり、これからもずっと支えてくれます。

 

174:宇宙は無限、無窮の神聖なエネルギーによって存在しています。しかし地上の圧倒的多数の人は、そのエネルギーのごくわずかしか感識していません。受け入れる準備が整っていないのです。ですからあなた方は、その神の恩寵を存分に受け入れるべく、信頼と穏やかさと落ち着きを常に心に宿して下さい。そうすれば、無限のエネルギーから莫大な豊かさを受け取ることができます。それが神の摂理なのです。できる限り霊の世界の最高レベルの界層に感応するよう努力してください。

 

175:自分で正しいと思うこと、良心が指示することを忠実に実行して下さい。一生を終えた後、あなたがあなたの裁判官となります。振り返ってみると正しかったこともあれば、間違ったことをしていることもあります。しかし動機が誰かのためということであれば、たとえ間違っていても咎められることはありません。動機が何よりも大切です。

 

176:悪い人間というのは、霊的成長における幼児なのです。聞き分けのない子供みたいなものです。目に見え、手に触れるものだけが全てだと考え、地上世界が提供するものを全て所有することによってしか自分の存在を主張できない哀れな人間なのです。

 

177:世間がどう言おうと、周りの人が何と言おうと、自分で正しいと思うことをして下さい。良心が命じていることは、たとえその方向へ進むと苦難に遭遇することがわかっていても、迷わずに従って下さい。最後にはきっと良い方向に進みます。

 

178:祈りは魂の憧憬を高め、決意をより強固にし、これから訪れる様々な闘いに打ち克つために守りを固める手段です。誠心誠意の祈りは、その行為そのものが、より高い波長と感応させます。祈るということ自体が、心を開かせるのです。

 

179:祈りとは魂が導きを求めるやむにやまれぬ切望です。その切望が、自動的に霊的援助を呼び寄せます。なぜならその人の思念の威力が稼働し始めるからです。祈りそのものが、その波長に感応する霊を即座に呼び寄せます。どの界層の霊に感応するかは、祈る人の霊的成長度によって自然に決まります。

 

180:祈りの念に感応して呼び寄せられた霊は、地上界への奉仕の願望から、その人間が送った思念を増幅させます。皆さんの味方として差し向けられる霊は、地上で顔見知りだった人、血縁のあった人、さらにはそうした地上的縁とは別に、ただ地上人類への愛に動かされてやってくる高級霊など様々です。見返りなど一切求めず、皆さんのために自分を役立てたいを思う霊がたくさんいることを忘れないで下さい。

今日も最後まで希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
Your soulmate friend,Lani

参考文献:シルバーバーチの霊訓(1ー12)、これが心霊の世界だ、霊力を呼ぶ本、人生は霊的巡礼の旅、インぺレーターの霊訓、ベールの彼方の生活、私の霊界紀行(以上全て潮文社)、シルバーバーチに最敬礼(コスモス・ライブラリー)、(以下全てハート出版)シルバーバーチの新たなる啓示、シルバーバーチの最後の啓示、シルバーバーチのスピリチュアルな生き方Q&A、シルバーバーチ今日のことば、迷える霊との対話

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work