<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

本当の自分でいるために*子供に学ぶライフレッスン

 先日子供をラウンドワンのスポッチャに連れて行って、一日中遊んできました。
スポッチャとは、バスケ、バッティング、スカッシュ、テニス、卓球、セグウェイ、ローラーブレードなどなど、ありとあらゆるスポーツを楽しめる施設です。他にもたくさんできます。
 息子は「スポッチャに泊まりたい」と帰り際に言い出すほど大喜びでした。
 子供と遊んでいると、いつも学ぶことがあります。ちょっと霊的な観点から言うと、子供はついこの前まで霊的な世界の住人だったので、“この世”的な感覚にまだまだ染まっていません。
 彼らは、親、祖父母、学校、社会、といろんな価値感を成長するにつれて頭に叩き込まれていきます。私達も皆、そうでした。
 子供達の言動には、私達大人が忘れかけている大切な学びがたくさん含まれています。そのいくつかをご紹介します。

f:id:spiritualfriends:20191127133102j:plain

人生は楽しむためのもの*「今」が全て

 子供は楽しむ天才です。どこにいても遊びと笑いに変えてしまいます。一度笑い出したら止まらず、その笑い声は、生きていることが最高なのだと言っているかのようです。
 息子を通じて、他の子供達と接する機会が増えましたが、子供達を見ていて思うのは、子供の世界は「今」が全てです。遊んでいる時は、月曜日に算数や国語のテストがあることなんて一切心配しません。それが、私は見ていて好きです。
 それは貴重なライフレッスンでもあります。
 後悔や心配をしていると“今”はあっという間に目の前を通り過ぎていってしまいます。過去をいつまでも振り返らない。未来を心配しない。
 
起こらないかもしれないことを心配ばかりして、「今」という貴重な時間を無駄にしないようにしたいですね。 

www.spiritualfriends.work

転んだらすぐに立ち上がればいい*必ずできると信じて

 息子は私と違って負けず嫌いで、何事もできるようになるまでとことん挑戦します。まだ就学前の時は決して運動神経抜群!という感じではなかったのに、持ち前の負けん気でよく自分で練習するので、小学生になると何をやらせても驚くほど上手になります。
 スポッチャでローラーブレードに初めて挑戦した時も、最初は転んでばかりいたのに、すぐに立ち上がって次第に上手に滑れるようになりました。
  「転んだらすぐに立ち上がる」姿に、見ていて感動しました。
 人生も一緒で、クヨクヨあーだこーだと言っていないで、転んだらすぐに立ち上がればいいのだという考えが頭をよぎりました。転んだ理由を後悔ばかりしていても先に進めません。
  子供だって後悔しないわけではありませんが、でも後悔の仕方がとてもポジディブなのです。それは「いつかできる」と心の底から信じていることです。そうすれば、失敗を失敗で終わらせない結果がついてきます。
 どうせ後悔するなら、最後には必ず「いつかできる」と信じ、ポジティブな気持ちで前を向きましょう。 

f:id:spiritualfriends:20191127134828j:plain

夢は望むもの。願いはかなうもの*ありのままの自分でいよう

 子供の遊び方を見ていると、次々と自分がやりたいことをやっていきます。乳幼児は特にそうですね。いつも自分が望むことを常に意識しています。
 私達も皆、かつては子供でした。成長するにつれ、夢も願望も諦め、忘れ、二の次になってしまいます。でも、人として望むことを“引き寄せる”には自分の願いに常に意識を向け、夢は叶うのだと心から信じることです。子供のように。
 そして、子供の素晴らしいところは、常に自分自身でいることです。その姿は、まるでこの世にいる目的を教えてくれているかのようです。自分を忘れないこと。自分じゃない他人の“マスク”をつけて生きないこと。本当の自分の気持ちをいつも大事にすること。人の夢でなく、自分の夢に生きること。
 自分の存在価値を私達は人や社会に委ねがちです。でも他者から評価されなければ、自分の価値がない、だなんてことはあり得ません。私達は皆、子供の頃知っていました。楽しむこと、笑うこと、幸せでいることが当然の権利なんだと。
 でもそんな大切なことを、大人は忘れがちです。どうしたらそれを思い出せるのでしょう? 

www.spiritualfriends.work 

本当の自分の価値を思い出すために*子供も大人も1分瞑想から始めよう!

 それは簡単。瞑想することです。それも1分でもいいんです。どんなに忙しい方でも1日24時間のうち、1分だけなら自分のためだけに時間を使うことができるはずです。(慣れてきたら15~20分くらいまで)
 1日1分から自分自分と向き合う時間を作ります。瞑想を続けると、自分の価値を思い出し、心を強くし、自尊心を育みます。
 もし子供がいる方は親子でもできます。「うちの子落ち着きがない」「集中力がない」という子にもお勧めです。なぜなら瞑想とは深く集中することだからです。
  ちなみに我が息子は6歳からしています。今は瞑想が大好きで、毎晩自分からしています。
 受験生や学生の皆さんにもお勧めです。スマホの時間を1分減らし、自分自身の心と向き合う時間を増やして下さい。かけがえのない時間になります。
 落ち着かない時、不安な時、悔しくてたまらない時、イライラしてしまう時。瞑想が真の平穏を心にもたらします。
  子供でも誰でもできる簡単なやり方は、体を横にして、だらぁーと全身の力を抜きます。あとは目をそっと閉じて、ゆっくり深呼吸を繰り返すだけです。
 もちろん椅子に座ってしてもいいです。ポイントは全身の力を完全に抜き、鼻から息を吸い、口からはくことです。
 瞑想は深い睡眠にいざなってくれます。体の力を抜き緊張を意識的に開放する‟技”を習慣づけるとことで、ストレスをためこまず心身の健康を守るため一生使える最高の‟武器”になります。
 そして瞑想を続けた人だけが知っている最高の安らぎと幸福感を味わえます。心に安らぎが訪れると、人間関係など外の世界にも安らぎが訪れます。
 物の価値は時の経過と共に目まぐるしく変わりますが、時が何十年経とうが変らないのは、自分自身の価値です。の価値です。瞑想とは自分で心に栄養を与え、高い意識レベルから人生を眺め、自分の価値を忘れない手段でもあります。
 子供のように、生きる素晴らしさとその意味を心から感じられます。そして大切な真実を思い出します。自分はこのままでいい。とても価値のある人間なのだから、と
 今日も希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
 Your spiritual friend,ラニ 

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work