<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、人間関係。様々な分野から、人生の希望を見つけるブログです。

スポンサーリンク

初心者のための簡単瞑想*瞑想こそ、心を癒す最高の方法

瞑想の驚くべき効能

 瞑想と聞くと、どんなイメージを持つでしょう?僧侶が座禅を組んで、目を少し開け、独特な呼吸法でしているところを思い浮かべる方もいるでしょう。しかし、瞑想はそんなに堅苦しいものではありません。
 絶対こうしなければならない、というルールはなく、誰でも簡単にでき、得るものは健康的にも精神的にも、さらに霊的にも計り知れないものがあります。
 それに、私達は普段から瞑想に似た行為をたくさんしています。お風呂でバスタブにつかってゆっくりしている時、ガーデニングをしている時、読書をしている時、料理を楽しんでいる時などは、一種の『瞑想状態』と言えます。つまり、瞑想とは、一つのことに深く集中し、心がとてもリラックスしている時のことをいいます。
 人間は一日に約六万回も思考していると言われています。普段あなたが忙しくしている時は、脳がフル回転し、ベータ波の状態ですが、今回ご紹介する瞑想を日常的に行うと、全身がリラックスでき、アルファ波、さらにシータ派へ変わり、本当の『瞑想状態』になります。
 瞑想は、心の断捨離をする行為とも言えます。瞑想を開始する際は、自分の呼吸にただ集中します。その間、不安、緊張、恐怖、後悔など、私達の心を傷つけるようなネガティブな思考は入り込むすきがありません。深呼吸にも多大な癒しの効果があり、瞑想中はストレス物質が体内で伝達されるのを遮断できるのです。
  瞑想はすればするほど、より深いリラックス効果が得られ、心に真の安らぎと癒しを得られます。自分の心や体に本当に必要なものとそうでないものが容易に見分けられるようになり、幸福感が増します。
  毎日の思考がどんどんポジティブに変わり、あなたのエネルギーレベルがあがります。するとあなたに必要な人や物、状況が自然に引き寄せられ、どんどん人生が良好になっていくのを感じます。また、特筆すべきことは、直感力に驚くほど磨きがかかるということです。
 しかも瞑想は時間がかからず、静かな場所ならどこでもでき、タダでできます。私自身瞑想歴10年を越えますが、効果を日々実感していて、皆様にも是非日常的に瞑想することをおすすめします。

f:id:spiritualfriends:20190610192311j:plain

簡単!瞑想してみよう!

 では、さっそくやってみましょう!
① 誰にも邪魔されない場所を選びます。家族と同居している方は、瞑想中にドアをノックしないよう予め声をかけて下さい。
② 携帯電話・スマートフォンは途中で鳴って邪魔されないよう、電源を切るか、別の部屋に置いておくなどしてください。
③ 自然音やクラッシック音楽など、ゆったりとした音楽をかけます。ヘッドフォンやイヤフォンをすることをお勧めします。
 youtubeでも検索すれば、いろいろあります。


Relax 8 Hours-Relaxing Nature Sounds-Study-Sleep-Meditation-Water Sounds-Bird Song


④ベルトなど、体を締め付けるようなものは外し、 ソファや椅子に腰かけるか、ベッドなどに横になってください。すごく疲れている時や眠ってしまいそうな時は、腰かけましょう。(途中で眠ってしまっても、気にしないでください。次、眠らないようにしましょう)

~ここから⓹、⑥は覚えてしまってください~
⑤ 目を完全に閉じます。全身の力を抜きましょう。あごや肩は、力を抜いたつもりでも入っている時があります。意識して全身の力が完全に抜けていることを確認しましょう。あせらずに、確実にだらっと全身の力を抜いて、リラックスしてください。

深呼吸を開始しします。複式呼吸です(息を吸った時にお腹を膨らませます)。肺の奥まで息を吸うイメージで、1,2,3,4、5と心の中でゆっくり数えながら鼻から息を大きく吸って、今度は口からゆっくり全部吐き出します。
 全部吐いたら、もう一度同じように1から5まで数えながら、大きく息を吸い込みます。呼吸に完全に意識を集中させましょうこれをひたすら繰り返し、最初は5分間してみて下さい。もし、心地良ければ、10分、15分と時間を伸ばしてみて下さい。

 以上、瞑想のやり方でした。えっ?これだけ?と思われましたか?これだけです。でも、これで十分です。素晴らしい効果が得られます。お疲れ様でした。 

瞑想する際の大切なポイント

 前述したように、瞑想に絶対にこうでなければならない、という方法はありません。ただ、抑えておいたほうが良いポイントが二つあります。
 それは、深く呼吸することと、全身をできるだけリラックスさせるということです。簡単なように思えますが、日常的に様々なストレスにさらされている私達は、普段呼吸が浅くなっていたり、体のあちこちに緊張が走り、全身を意識的にリラックスすることなど、あまりありません。やり始めは少し違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れますので、毎日少しずつ続けましょう。
 また、『無』になろうとすると、無にはなれません。疲れてしまいます。瞑想中、様々な思考が浮かび上がってきます。それでいいんです。その思考に気づいたら、そっとやり過ごしてまた呼吸に集中してみて下さい。
 過去を手放し、未来を心配しない。呼吸に意識を向けることを習慣づけることは、『今』という瞬間を最大限に生きる訓練になります。

f:id:spiritualfriends:20190610202802j:plain

瞑想を味方にして、心も体も健康に

私にも経験がありますが、ひょっとしたら、瞑想中に過去のつらい思いが急に湧き上がるかもしれません。そんな時は、呼吸と共に吐き出してしまいましょう。涙がどっと溢れるかもしれません。無理に泣き止もうとせず、瞑想を一旦やめて涙が自然に止まるまで泣いてください。あなたの心に神聖な癒しの力が流れた証拠です。
 神聖な癒しの力があなたの中に入り、あなたを長い間苦しめてきた、悲しみ、後悔、罪悪感、羞恥心、嫉妬、怒りなどのネガティブな感情を洗い流してくれたのです。
 瞑想すると、あなたは心身共に若返り、やる気にみなぎり、本当の自分を取り戻すことができます。
 
時間に余裕のある日は、毎日決まった時間に朝晩15分から20分ずつできたら、効果抜群です。そんな時間あるわけない!という方は、例え1分でもしてみて下さい。その1分が、あなたが今日一日で行ったどんなことよりも、体、心、魂へ最高のご褒美になり、価値のある時間になります。
 瞑想を日課にして、普段から心を優しくいたわりましょう。
 
今日も希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ
【この記事は2019年6月10日に、加筆・修正致しまwww.spiritualfriends.work