希望発見ブログLooking for HOPE

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。     All is well in my life.

希望発見ブログLooking for HOPE

Welcome to "Kibou-Hakken"blog Looking for HOPE with your spiritual friend,Lani.
希望発見ブログでは、霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、心の癒し、歴史 、名言、旅行、子育て、エンタメなど様々な分野から楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

為せば成る!夢の実現を妨げる否定的な思い込み、それはただの思い込み

夢の実現は直感に従おう!直感と思いつきの違いは?

 数日前天国へ旅立たれた名将・野村克也監督は、若い人達へのメッセージとして、「夢を持て」とおっしゃいました。“使いものにならない”と言われた数々の選手を適格な指導と絶秒な起用法で復活させた手法は“野村再生工場”とも言われました。私も一野球ファンとして野村さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
 人生が上手くいかなくなった時、野村さんのような方に出会えればいいのですが、そうでなくても、私達は自分で人生を再生する術を見いだす必要があります。そんな時、再出発を邪魔してしまうのが、「もし、失敗したらどうしよう」とか「もし、批判されたら」「どうせ上手くいくはずがない・・・」といった否定的な思い込みです。
 それは親や周囲の人の影響かもしれません。今までの過去の失敗によるトラウマかもしれません。人はどうしてもやりたいことが芽生える瞬間を直感的に感じます。直感の源は霊的なもので、それに従えば絶対に進むべき道を誤ることがない、という性質をもっています。
 一流の経営者は皆、凄腕の直感能力者です。芸術家の方も秀でた直感を受け取りながら、それを自分なりの形にしています。皆さんは自分の直感を意識していますか?
「よし、ブログをやろう!」「お店を始めてみよう!」「海外で挑戦しよう!」「あの人が運命の人だ!想いを伝えよう!」
  直感は、情熱の炎を一瞬にして大きく燃え上がらせます。でもそんな時、「それ、ただの思いつきでしょ。やめとけば。無理に決まってるって。失敗したらどうするの?」と、親や親友から冷めた声をかけられると、たちまち不安が心を覆い尽くします。
 簡単には諦めきれず、「いや、ただの思いつきじゃない!」と言いたくなります。
 「どうしてそう言いきれる?」と問われたら、何と答えますか?直感が100パーセント正しいと知った上で、この熱い思いが直感なのだと伝えるには、こう言いましょう。「それは、繰り返しやってくるから」
 繰り返しやってくる強い思い。アイディア、感情。それが直感です。直感は私達がアンテナを張り、受け入れさえすれば、極めて頼りがいのある人生の方向矢印です。直感を察知したらあとは行動あるのみ。誰が何と言おうと、それがあなたが歩むべき道です。

f:id:spiritualfriends:20200210140728j:plain

自分をよく知る人からの否定的な言葉が心を萎えさせる

「人はどんなに厳しい土地でも、生きていける。飽きることなく遊ぶ子供のように、歓びや楽しみを見つけることができる。さて、今日は何して遊ぼうか?そんな気持ちを忘れずにいたいものだ」(小さな村の物語イタリアより引用)

 私の友人で20代の前半に、同居していた父親にニューヨークへの留学をしたいと申し出たところ、猛烈な大反対にあって断念した人がいました。彼女は幼い頃からミュージカルが大好きで、語学だけでなく歌とダンスを習いたかったのです。しかし父親の口から出てきた言葉は辛辣でした。
「やめておけ。あそこは危険だ。お前には無理だ。人種差別でひどい目に遭うぞ」
 それは諭すというより、罵詈雑言と表現されるべきかなり厳しい口調だったそうです。それでも食い下がった友人に、父親は決定的な言葉を突きつけました。
「行ってどうなる?まさかプロになりたいなんて思っていないだろうな。お前が通用するわけない」
 この言葉に、友人は意気消沈してしまいました。プロになりたいとは思っていませんでしたが、プロになれないのなら、夢を追う資格がないと思ってしまったのです。
 人間は歌うこと、踊ること、描くこと、書くこと、創ること、こうしたことに真の喜びを感じます。芸術(art)は全ての人の心(heart)の中にあり、本当の自分とつながりを持つ素晴らしい時間です。
 芸術はそれらをすること自体にとても大きな意味があり、プロになるかどうかは、重要ではありません。もちろん、それがその人にとって何よりも重要な場合があります。しかし、自分の中の喜びを見つけそれを行動に移した時から、その人は本当に人生を生きていると言えます。要は自分に楽しむことを許すことが大切で、遊び心を忘れてしまっては、死んだように生きることになります。
 この友人は、父親の言葉に意気消沈してから10年の時を経て、30代に入り長年封印していた想いを形にすべく、夢だったニューヨーク留学を実現させました。繰り返しやってくる直感を無視できず、自分の気持ちを欺くことをやめたのです。
 彼女はマンハッタンで一人暮らしを始め、午前中は語学教室、午後はダンスや歌のレッスンを受け、同じような夢を追う世界中の人達と共に汗を流しました。私は時々彼女に日本から電話したのですが、大興奮して話していたことを覚えています。
 3カ月ほどの留学でしたが、彼女はダンスや歌を日本に帰ってからも“生きがい”の趣味として続けています。いわゆる“プロ”ではありませんが、日本に帰ってからもアメリカで出会った先生にアドバイスをもらっているそうで、とても幸せそうです。
 自分の本当の正直な気持ちを知るのは、自分だけです。それを何よりも尊びましょう。もし、否定的な考えが頭から離れなかったら?次にご紹介する方法を試してみて下さい。

f:id:spiritualfriends:20200210154249j:plain

自分に優しい言葉をかけて心を励まし続けよう

 せっかく芽生えた情熱の炎も、以下のような否定的な思い込みが邪魔をすると、たちまち水をかけられたように小さくなってしまいます。

◎挑戦したい、でもそれって私のわがままだろうか?
◎年齢的にもう、遅すぎるだろうか?
◎もし、失敗したらどうしよう。
◎もし、友人や知人にバカにされたらどうしよう
◎もし、プロになれなかったらどうしよう。
◎もし、家族や友達から見放されたらどうしよう。

 誰かの望む“いい人”や“常識的な人”を演じていれば、人生はあなたの情熱がまるで存在しなかったかのように、通り過ぎていきます。でもその生き方は、あなたがこの世に生を受けた目的ではありません。
 私達は一人一人が異なる目的があって、生まれてきました。それを知るのは両親でも親友でもありません。あなたにしかわかりません。道がそれた時、心は苦痛を感じます。あなたにそこが居場所ではない、と知らせているのです。
 直感は繰り返し、あなたに進むべき道に戻るよう、知らせてきます。“苦痛”をなかったかのように振る舞ったり、アルコールやギャンブル、他人への怒りに転換することをやめ、受け入れましょう。
 自信を失ったり不安な時は絶えず自分に優しく肯定的な言葉をかけ続けることがとても大切です。私は座右の銘が“All is well in my life.”です。「私の人生、すべてうまくいく!」こんな風に常に自分自身に言い聞かせます。“思考”にはとてつもない力があるからです。
 自分を決して批判したり否定しないこと。才能がないだなんて絶対に口にしないこと。どんな言葉を使い、どのように考えるかが重要です。人は自分を肯定してこそ、本来持っている力を発揮できます。子供達だって、肯定的な言葉をかけ続けると、本当にできるようになります。
 大丈夫、全てうまくいく。乗り越えられないことは何一つない。私ならできる。こんな言葉が心に力を与えてくれます。

www.spiritualfriends.work

あなたを待ち受ける大応援団

 前回霊能者との会話という記事を書きましたが、子供の可能性を閉じるような否定的な言葉をかけた親は、死後も後悔することがあります。「もっとやりたいことをやればいいと、自分が伝えていたなら、君の人生はもっと違ったものになっていただろう。本当にすまなかった」と。人生の大きなターニングポイントで、自分自身が“恐れ”の感情に従って決断したことを後悔し、同様の思考パターンを子供に植え付けてしまったことを後悔するのです。
 家族や友人は、天国に行っても愛する人を応援する気持ちは変わりません。やりたいことがあるにも関わらず、失敗を恐れて一歩を踏み出せないでいる子供や友人には、“Just do it!”と言って、何としてでも挑戦するよう促します。霊的世界に身を置いた人には、それが正しい道だとわかるのです。
 また、家族や友人だけでなく、霊的世界ではかつて同じような志を持った人達が、霊的親睦性によって引き寄せられ、助けてくれます。国籍や血縁は関係ありません。看護師を目指す人にはかつて看護師さんだった人が、歌手を目指す人にはかつて歌手だった人が、というふうに。彼らが絶えず直感を与えてくれるのです。助けることが彼らにとって自然であり、見返りを全く期待しない無償の愛の行為です。夢を追うあなたは、一人ではありません。すでに最強の応援団がいます。
 こうしたことを知っていれば、例え夢が実現し成功を収めたとしても、おごり高ぶることはまずありえません。心にあるのは感謝の気持ちだけです。その感謝の気持ちが、さらに幸せを呼び込みます。
  今、誰にも言っていないけれど、ずっと心の中で温めてきた夢はありますか?もう、自分ではコントロールできないほどの燃えるような情熱。そのアイディアを送り続け、あなたを愛情いっぱいに見守り声援を送っている人達が、別世界にたくさんいたとしても、全く不思議ではありません。彼らはもう沿道に立っています。あながゴールする瞬間まで絶対に見放すことはありません。あなたはスタートを切る準備はできていますか?
 もし、直感が不確かで、進むべき道に迷ったら、こんな質問を自分にしてみるのがおすすめです。恐れや不安に邪魔させない質問で、すぐに浮かび上がったことが答えです。「もし決断したことが全部成功するとしたら、どんな道を選ぶだろう?」 
今日も希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ


www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.wor