<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

音楽の嬉しい効能7つ+「1」*幸せに生きるための音楽習慣

『音楽は道徳律です。宇宙に魂を、心に翼を、想像力に飛ぶ力を、そして人生のあらゆることに魅力と華やぎを与えてくれます』
(古代ギリシャの哲学者 プラトン)

 最近、ライオンキングの挿入歌でもあるエルトン ジョンの"Can you feel the LOVE tonignt"という歌にハマっています。昔の曲でもふと思い出した時にじっくり聞いてみると、当時の自分よりも今のほうが、歌詞や曲調がやたらと心にしみることってありませんか?過去の記憶も曲と共に蘇ってくるから、音楽って不思議です。
 下の動画、カバーしてしているのは、ボイス アベニュー(Boyce Avenue)とイギリス人女性のコニー タルボットConnie Talbot)。いいなぁ、こんな風に歌える人。この音色、静けさ、ハーモニーに心がうっとりします。 
 今度生まれ変わったら絶対にミュージシャンに・・・とわけのわからない空想から、曲が終わると同時に冷めます。
 それはいいとして、Can you feel the LOVE. 愛を感じている時、人は間違いなく幸せですね。今日はこの曲と共に音楽がもたらしてくれるありがたい効能についてお伝えします。


Can You Feel The Love Tonight (The Lion King) - Elton John (Boyce Avenue ft. Connie Talbot cover)

音楽、それは愛と幸せ 

 こんなことを言うと笑われそうですが、こういう想いのこもった美しい曲を聴いていると、普段当たり前のように受け取っている身の回りの「愛」についてじっくり考えます。
 音楽が感謝すべき愛に気づくきっかけを与えてくれます。ブログを通して愛ある言葉を下さる方々にも心から感謝しています。
   音楽は他にどんなことを私達にもたらしてくれるのでしょう?
 ある食べ物を口した時、それが体にどんな効能があるのかしっかり理解した上で食べると、余計に美味しく感じるし、できるだけ体が喜ぶものを取り入れようと意識するようになります。
 音楽もその効能を知った上で、日常的に好きな音楽を聴いたらいいかもしれないと思いました。音楽に関しては、これまでも3つほど好きな曲をご紹介したり、音楽家の名言集を記事にしました。
 『音楽は世界共通語であり、翻訳する必要がない。音楽とは魂が魂に話しかけているのだ』と言ったのはバッハ(1685-1750)。おっしゃる通りですね。
 バッハが亡くなってから、半世紀以上経ってから同じドイツに生まれたワーグナー(1813-1883)は、『私は音楽を、愛という以外の形では理解できません』と言いました。
 人は音楽で愛を表現するからこそ、聴いた人は幸せな気分になるのですね。
 今、ふと思い出したのですが、自閉症の知的障害者の父親と幼い娘の絆を描いたショーン ペン、ミッシェル ファイファー主演の感動作『アイ アム サム』という映画(2001年公開)があります。
  映画では全編に渡り、ビートルズの曲が流れています。20年ほど前に観たのでうる覚えで恐縮ですが、その映画のメイキングを観て驚いたことがあります。
 自閉症の方がいらっしゃる施設で日常的にビートルズの曲を流したら、皆ビートルズが大好きになり、心が落ち着いて日常生活にとても良い影響が出たのです。
『好きに生きたらいいんだよ。だって君の人生なんだから』と言ったのはビートルズの中心的存在だったジョン レノン(1940-1980)。彼の想いが、何か聴き手の心を癒すのでしょうか。
 心がこもった音楽には人の心に素晴らしい効能がある、ということですね。いったいどんな効能があるのか、次に簡潔にあげてみます。

音楽がもたらす素晴らしき7つの効能 

リラックス効果 ②やる気を起こさせる ③集中力を高める ④創造力を高める
悲しみを癒す ⑥健全な睡眠パターンをつくる ⑦脳の喜びを司る部分のコントロールを助け、精神を安定させる
 わかってはいるけど、というところですが、聴かなきゃ損!と思うほど、すごいですね。逆に音楽を聴くことでマイナスの面はないのかというと、嫌いな音楽や心落ち着かない音楽を聴くと、脳にも心にもよくありません。あくまでも、好きな音楽にこだわりたいです。 
(参考文献:毎日の暮らしが輝く52の習慣 ブレット ブルーメンソール著)

f:id:spiritualfriends:20191112122808j:plain

+「1」*「今、ここに」変化こそ、音楽の醍醐味

 英語に「どこにも~ない」という意味の"nowhere"という言葉があります。この単語、"w"の後にコンマを入れると、now,here=今、ここにという意味に変化します。
 音楽はまさにこのコンマの役割を果たします。
 日常的に不安や後悔、心配などで“心ここにあらず”の状態を目まぐるしく繰り返す私達現代人の心を、音楽は「今、この瞬間」に連れ戻し、喜びや安らぎをもたらしてくれます。
 変化こそ、音楽がもたらす最高の効能です。
 人生の中で“不運”が続いたり気持ちが沈む日々が続く時こそ、音楽をできるだけ積極的に取り入れることは、決してきれいごとではなく、人生を上向かせるためにとても理にかなった方法です。
  一つ一つの音に特有の周波数があり、心地良い音楽を聴くと、心はその曲に同調します。心を落ち着かせ、やる気に満ち、感謝している状態を音楽によって作り出せるのです。
 人の思考、感情には現実を変える非常に強力な力があるので、日常的に心地良い音楽、心を癒してくれる音楽、元気づけてくれる音楽を聴くことは、良いこと尽くしです。
 もちろん、歌うことや踊ることもストレスを解放する最高のエネルギーワークです。
 一度きりの人生。尊い今日という一日を、積極的に楽しむことを大事にしたいですね。音楽と共に。

 今日も希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
 邦楽、洋楽、年代、言語、ジャンルは一切問わず、この曲おすすめ!というのがもしあれば、教えていただけたら嬉しいです。
 Your spiritual friend, ラニ 

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work