<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

『完全呼吸法』*休憩時間に1分でできる癒しの『マインドフルネス』

『周りの人があなたを見て、幸せな気分になるくらい、幸せな自分でいよう』
ヨギ バジャン(ヨガの創設者)

 人間がこの世に生まれ最初にする行為は、息を吸うこと。人間がこの世で最後にする行為は、息を吐くこと。人生は呼吸によって支えられています。
 今回は、肺を意識した完全呼吸法』と呼ばれる、誰でも1分でできる簡単な瞑想法をご紹介します。
 たった1分、されど1分。イライラも、心配も、悲しみも、寂しさも世の中の全てを忘れ、1分間、自分の呼吸だけに集中して、心と体の健康に絶大な効果を発揮する『マインドフルネス』の状態を作り出しましょう。

f:id:spiritualfriends:20190729105736j:plain

呼吸によって、プラーナ=純粋なエネルギーを取り入れる

  マインドフルネスとは、注意散漫の反対で、一つのことに深く集中することを言います。短時間でも呼吸だけに意識を向けることで、心は心配や緊張から抜け出し、今まで思いもしなかった視点を見つけ出します。
 普段当たり前のようにしている呼吸ですが、呼吸には酸素を取り入れるだけでなく、純粋でポジディブなエネルギーを取り入れる重要な役割をしています。そのエネルギーのことを、サンスクリット語で『プラーナ』と呼び、中国では『気』と呼びます。
 実際に、心の病にかかる人は、呼吸がとても浅いのです。プラーナの量が足りず、心も体も疲労困憊だからです。
 ある意味、心を全く病んでいない人などいないのかもしれません。私達は皆、心をフル稼働させ、毎日を乗り切っています。あらゆるストレスが原因で、呼吸が知らず知らずのうちに浅くなり、心身の健康が蝕まれていきます。
 呼吸は、感情や肉体機能と非常に密接な関係を持っています。呼吸が浅いということは、感情は抑圧され自律神経が乱れます。
 自分にあった呼吸法をたった1つでも知っておくことは、100の人生訓を学ぶよりも、より確実かつ迅速に、心身の健康状態を劇的に改善できます。

www.spiritualfriends.work

 心の状態が明るくなれば、自然に前向きになり、同じ様な思考を持つ人や出来事を、自分に引き寄せることになります。
 呼吸を意識心と体と思考をコントロール人生をコントロール。そんな好循環ができあがります。
 今回ご紹介する完全呼吸法肺にしっかり空気を入れることを意識した呼吸法で、確実に呼吸の効能を得ることができます。心身共にリラックスし、血圧は下がり、免疫力が高まります。時間はかかりませんので、一緒にやってみましょう。 

f:id:spiritualfriends:20190729131357j:plain

完全呼吸法のやり方

ゆったりとした気持ちで、リラックスして行いましょう。呼吸のリズムに意識を向け集中することで、心の中の心配、怒り、悲しみ、後悔などの感情をわずかでも止めることができ、ストレスの伝達物質の生成を止め、癒しの力が流れます。

横になるか背中を真っすぐにして椅子に座ります。真っすぐにする理由は、人体にはチャクラと呼ばれるエネルギーの通り道が背骨に沿って7つあり、真っすぐにすることでエネルギーの循環が良くなるからです。座る場合は、足をクロスせず、足の裏を床につけて下さい。
鼻からゆっくり息を大きく吸い込みます。空気でお腹がふくらんだ状態になるほど肺の下の方までいっぱいにします。
③次に息を三秒止めながら、お腹を軽く引き締め、胸を持ち上げるようにし、肺の空気を上のほうへ押し上げます。
④息をゆっくり吐き出し、お腹をリラックスさせます。これを気持ちが落ち着くまで繰り返します。1分でも3分でも、自分が心地良い範囲で続けて下さい。以上です。

補足:お腹や胸に手を当てた方が落ち着く場合はそうしてください。1・2・3・4、と心の中で数字を数えながらしたほうが集中できる方もいます。また、息を吸う時、白色(または金色)の輝く光をイメージし、胸を光で満たしても効果的です。

f:id:spiritualfriends:20190729135648j:plain

自分に合う心身の緊張をほぐす方法を見つけよう!

『1日1日を大切にしましょう。毎日のわずかな差が、人生にとって大きな差となって現れるのですから』
ルネ デカルト(1596-1650 哲学者・フランス)

  完全呼吸法は肺に空気(プラーナ)を入れることを、しっかり意識できるので、確実に心と体に好影響を与えることができます。
 完全呼吸法は長くやることが目的ではありません。1分でも呼吸のリズムを感じ、集中することで、普段目まぐるしく回転している思考の流れを止め、プラーナを体内に取り入れることができます。
 自分にあってるかも!と感じたら、一日に数回することをお勧めします。完全呼吸法を含む全ての瞑想は、できれば同じ時間帯にするとより効果的です。反対に、何かあわないなと感じたら、肺は意識せず普通に何回か深呼吸を繰り返してみて下さい。背筋を伸ばし、真っすぐにすることだけはお忘れなく。
   完全呼吸法は短時間で心身に栄養を与える方法の一つです。お金も時間もかからず、どこでもでき、一生、自分の心身を守る強力な盾となります。
 瞑想、ヨガ、スポーツ、ウォーキングなど、自分にあった心と体の緊張を解き放つ方法を、一つでも持つといいですね。
 今日も希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
 Your spiritual friend,ラニ 

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work