<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

日記*ツイッターで告白「付き合ってください」

 希望発見ブログのサブタイトルは「もっと楽しく、もっと気楽に」なのですが、昨日のような記事を書いていると、情熱が湧き上がってきてついつい熱くなってしまうので、時々もっと肩の力を抜いてみようと思い日記のカテゴリーを追加し、記事を書いていきます。
 今日はツイッターのお話です。 
  少しでもブログの記事を見て下さる方が増えればと思い、始めたツイッターなのですが、ブログの更新情報+時々名言というスタイルで細々と続けています。はてなブログの方がとても親切にしてくださって、感謝しています。
 楽しいこともいろいろあり、ブログ見ましたよ、と言ってくださる方がいたり、時々外国の方にフォローされます。ツイッターをしていない方にご説明すると、フォローとははてなブログでいうところの、読者登録のようなものです。
 お互いにフォローし合うと、DMといって、お互いしか読めないダイレクトメールを送ることができます。(そういう設定にしています)
 先日、あるアメリカ人の女性がフォローしてくれたので、こちらもフォローしました。
 彼女のツイートを見てみたら、とてもポジティブで誰かを元気づけるような言葉がたくさん並んでいたので、勉強になるし気が合いそうだな、と好印象を持ちました。その女性からすぐにDMが来たんです。

f:id:spiritualfriends:20190717135200p:plain

 日本語を習ったことがあるそうで、日本語で挨拶してくれました。私も簡単な日本語で返事をし、最後に“Have a nice day!”と付け加えました。すると今度は英語で長文のメールがきました。
  詳しい個人情報は伏せますが、要約すると、彼女はアメリカ人でシングルマザー、子供と2人で暮らしているそうです。ツイッターのヘッダーには女性の笑顔の写真が載っていました。
 私は少し英語をたしなんでいるので、今度は英語で挨拶しました。すると女性は、自分の個人情報を先にはっきり伝えた上で、私へ個人的な質問をしてきました。
「どこに住んでるの?」「年齢は?」「性別は?」「結婚は?」「子供は?」
 このような質問が一つ一つ来るたびに、知り合ったばかりの人だと考慮した上で、可能な範囲で返信しました。あまりにも深入りした質問にはハッキリ答えたくないと伝えました。
 ちょうど忙しい時だったこともあり、時差もあって、2日ほどやり取りをしました。何でこんなこと聞いてくるのかな、でも外国の人って変わった人いるしな、とあまり深く考えていなかったのですが、朝起きて彼女から来たメールには“My friend”から始まり、
『あなたとは本当に気が合うと思う。あなたは私の運命の人だと確信しています。お互いに子供はいるけれど、それはこれから2人で話し合って、何とか乗り越え、一緒になりませんか?』
と驚くべき内容のDMが来ました。
 ひょっとして英語を読み間違えていないか何度か読み直した上で、彼女が何か誤解していると思いもう一度、メールの真意を尋ねました。どこまで本気なのかもわかりません。返ってきた答えは『私の気持ちは絶対に変わりません。付き合いましょう』

f:id:spiritualfriends:20190717155453j:plain
 こういうことって、いたずらを含めてよくあることなのかな?ブログもツイッターもまだよくわかっていない私は、わけがわからないまま、もう一度結婚していることを伝え、とてもありがたいけれど、と前置きした上で、丁重にお断りしました。
 次の日、フォローが外れていました。意外と早く気持ちが変わったようです。
 彼女が普段行っている社会活動にも心から賛同できるものでしたし、普通に友達のようになら、時々話して楽しかっただろうな、と勝手ながら思い、ちょっと残念な気持ちと、ホッとした気持ちが混じり合い複雑でした。
 ブログで他の方の記事を読んでいても、「この人と一緒に食事でもしたら楽しいだろうな。いい友達になれるだろうな」と思うことってあります。文脈からじわじわと伝わってくる人柄に、ふと魅かれることがあるから不思議です。
 今回の場合、ちょっと積極的すぎて引いてしまいました。知り合って初日から質問攻めでしたから。
 いつも記事を更新すると、ツイッターで共有するのですが、今回はやめておきます。『ツイッター・告白』と検索する人もいないだろうから、あくまでもここだけのお話です。また時々日記を書きます。
 
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 Your spiritual friend,ラニ

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work