<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、旅行、子育て、エンタメ、人間関係。様々な分野から、人生の希望を見つけるブログです。

スポンサーリンク

この世とあの世をつなぐ睡眠中の『夢』*それは大切な真実のメッセージ

  睡眠中に見る夢ほど、不思議なものはないと思うのですが、皆さんの夢の中に亡くなった人が出てきたことはありますか?また、夢の中で得た情報が、現実に直面している問題の解決策につながったことはないでしょうか?それも、それまで全く思いもよらなかった方法で。
 今回は、睡眠中の夢から伝わるメッセージの大切さをお伝えします。Dream

驚異的な潜在意識の力

 映画監督の中には夢で見た景色をそのまま映画の中に再現したり、作家さんの中には、夢で得たインスピレーションを作品に投影している方も少なくありません。アーティストの方はきっと普段から、五感を越えた感覚を大切にされているのでしょうね。ここで大切なことは、私達の潜在意識は、睡眠中もしっかり働き続けているということです。夢はただの夢などではなく、非常に大きな意味をもっていることが多いのです。
   睡眠が体に休息を与える時間だということは、誰でも知っています。体を休息させると、普段使っている五感も休まります。すると、私達の精神が活発に動き始めます。私達が普段意識していない『もう一つの自分』が潜在意識を通して、必要な情報を集めてくれているのです。これを、ただの夢と言ってはあまりにも勿体ないと思います。
 夢について調べれば調べるほど、一つ確かなことが分かってきます。それは、夢こそ亡くなった人からこの世にいる人に、最も確実にメッセージを伝えやすい方法だということです。それは何も家族からとは限りません。友人やかつてお世話になった人からの場合もあります。全く面識のない人もいます。愛は血縁に勝るからです。
 夢でかつてこの世で愛していた人が出てくるのは、決して珍しいことではありません。家族や友人など、天国にいる人が夢に出てきてくれたという人は意外と多く、姿を見た、声を聞いたという方もいらっしゃると思います。それを誰かに話すということは、とても勇気がいることだとは思いますが。  

Angel light

夢に現れる天国にいる人

 先日叔母の家に行った時、1年前に亡くなった叔父の話になりました。叔母の悲しみは今でもとても大きいのですが、叔母にとって何よりの慰めは、叔父がよく夢の中に出てきてくれることだと言っていました。私が今まで見聞きした中でも、叔母の夢の描写はとても鮮明でした。きっと叔母がそういう世界にしっかり心を開いているからだと思います。
 私は叔母にこう尋ねました。
「おじさんは夢の中で若い頃の姿で出てきたんじゃないですか?」
叔母は目を大きく見開き、
「そうそう!若い頃の姿だったの!本当に元気そうで、大好きな釣り道具持ってたんだよ!この間なんか、釣り仲間の○○さんと一緒に夢に出てきてくれたよ」と嬉しそうに話してくれました。
 一旦この世を離れると、全ての病気や障害はなくなり、完全な健康体になります。思考1つで姿を変えることができるので、通常自分が最も生き生きしていた頃20代から30代の姿を選びます。
 釣りをしていた、というのも本当なのです。叔父は生前、釣り名人で私にもアユ釣りを教えてくれたことがあります。この世を離れたら、皆、やりたいことをやり、自分の中の「欲望」という感情を消化していきます。叔父にとって、釣りこそ天国なのです。
 叔父は晩年、病気で苦しみ入退院を繰り返していました。亡くなる3日前に、突然両親のお墓詣りに行きたいと言い出し、病院から抜け出して両親の墓前で手を合わせていました。
 叔母にとって、そんな夫が現在は病気とは無縁で元気でいること、やりたいことをやっていることを夢を通して知ることができ、何よりの心の慰めとなっています。
 天国にいる人や、時にペットが夢に現れる時「あなたのことを心から愛していること、今現在とても元気にしていること、自分のために悲しんで欲しくない」といった共通したメッセージを送ってくることがとても多いです。なぜならそれが揺らぎない真実だからです。

「素晴らしい人だよ」祖父からのメッセージ

 私も最近、とても鮮明な夢を見ました。ゴールデンウィークに入る直前です。大好きだった祖父が現れました。幼い頃から高校生の頃まで同居し、私をいつも守り、味方でいてくれた人です。祖父が亡くなったのはもう15年以上前ですが、私は家族で唯一祖父の死に目に会えませんでした。亡くなった後、少しして、祖父が夢に出て来てくれて、温かく抱きしめてくれたことがありました。とてもリアルな夢で、祖父の匂いや温もりをはっきり感じました。
 愛する人の死に目に会えなかったことを後悔している方もいるかもしれませんが、人は霊的に最も旅立ちやすい時にこの世を去ります。これは誤解のないようお伝えしたいのですが、あくまでも霊的な魂の観点からのお話です。家族を愛するがゆえに、中には家族がいない時に旅立つ場合とあるということです。ですからもし愛する人の死に目に会えなかったと後悔している方がいたら、その必要は全くありません。後悔の念は、現在天国で喜びの毎日を送っている人が悲しみます。
 さて、祖父の話です。私は夢の中で祖父と並んで立っていました。突然、私がはてなブログで読者になっている方のアイコンとヘッダーの公式テーマの画像が目の前に現れました。映画館のスクリーンのように、視界全体に広がっていました。
「あっ、○○さんのブログだ!」という感じで、すぐにどなたかのか分かりました。すると祖父が「この人は本当に素晴らしい人だよ」と教えてくれた後、耳元で3回、県名と町名を繰り返しました。今まで行ったこともない場所です。
 祖父がささやき終えた後、すぐに目が覚めました。時計を見ると夜中の1時50分。私は夢の重要性をよく理解していますので、すぐに起き上がって、県名、町名をメモしました。もちろん、ブログを執筆されている方のお名前も。
 夢はその時に意味がわからなくても、必ずあとで「そうか、そういう大切な意味が込められていたのか」と思う時がきます。特に愛する家族や友人、ペットが現れた時は、必ずメモすることをおすすめします。また、あなたが尊敬してやまない人がメッセージをくれることもあります。
 あの夢が何を表すのか、まだはっきりわかりません。その方の出身地なのか、現住所なのか、これから訪れる場所なのか。ひょっとしたら何年かたって、たまたまそこでその方とお会いするかもしれません。いずれにせよ、祖父が普通に話さず、耳元でささやくように言ったというところがポイントだと思っています。それだけ、重要な意味を持つ場所だと思うので、その地名を何らかの形で見聞きした時は見逃さないようにしたいと思っています。
 ご迷惑をおかけしたくないのでブログ名等は伏せますが、わかっているのは「その人は本当に素晴らしい人だよ」と祖父が教えてくれた通り、その方をもっと信頼していいということだと思いますし、その方のブログから私にとってとても大切なメッセージが今後、送られてくるのだと思います。(すでにあるのかもしれませんので、過去にさかのぼって読ませていただきます)
 ブログというのは不思議なもので、内容はその人の心を表していると思いますが、だからと言って一度も会ったことがない方のことを知ったつもりになっても、本当に理解するというのは、なかなか難しいところがあります。
 私の性格を知り尽くしている祖父が、本当に素晴らしい人だよ、と教えてくれたので、これまで以上にその方のブログを愛読していきたいと思います。Dreamer

枕元にメモ帳とペンを用意して、夢をメモしてみよう!

 夢は目が覚めた時、よく覚えているつもりでも、あっという間に忘れてしまうものです。誰かがはっきりと大切なメッセージを言葉にして言ってくれたり、なぜだかわからないけれど、起床後、特定の人物や地名、アイディアが耳に残っていることがあります。
 それをトイレに行った後とか、朝ご飯の後などと言わずに、とにかくすぐにメモをすることをおすすめします。
 もし、睡眠中に見る夢の内容をもっといかしたいけれど、どうしても忘れてしまうという場合は、眠る前に自分に暗示をかけると良いです。「私は朝起きた時に、夢の内容を覚えています」と繰り返し心の中か口に出して言ってみて下さい。すぐに結果がでなくても、諦めずに続けていただければと思います。
 私達の意識は、肉体の機能を遥かに超えます。睡眠中に得る情報は、思考が覚醒している間には得られないとても貴重なもので、現在と未来をつなぐ架け橋のような役割しています。今まで以上に心を開けば、今まで以上に霊的な回路が自然に開かれます。この回路こそ、最善のアイディア(直感)を受け取ることができる場所です。
 夢の内容と現実が一致した時、『自分』とはこの肉体限りの存在ではなく、もっと遥かに大きな『意識』なのだと感動を覚える瞬間もあると思います。
 今、この瞬間もあなたを違う世界から愛情いっぱいに見守っている方(知っている方とは限りません)が、あなたにどうしても伝えたいメッセージがあるかもしれません。朝起きた時、夢の内容をメモしてみて下さい。日常的に夢日記をつけてみるのもおすすめです。私達もいずれ、夢を通して愛する人にメッセージを伝える時が来るのでしょう。

 最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!
 Your spiritual friend, ラニ

参考文献等:シルバーバーチの霊訓、魂の療法(ブライアン ワイス)、Hay House Radio

  ◎ブログを始めて3日目に書いた『天国からのサイン』という記事があります。ほとんど人の目に触れることがなかったのですが、4月に入り、検索からこの記事を読みに来て下さる方が増えました。心から感謝しています。興味がある方はこちらも是非。

www.spiritualfriends.work