<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

大阪万博公園で自然を満喫*空中観察路『ソラード』&チューリップフェスタ

 大阪万博公園は、『人類の進歩と調和』をテーマに1970年3月15日から183日間に渡って行われた大阪万博の跡地に整備された自然あふれる公園です。1970年、私はこの世に生まれてさえいませんが、ここに77か国、6400万人以上の人が集まり、大好評だったそうです。
 大阪万博終了後、パビリオンを撤去し自然公園になりました。大阪空港からもモノレールで乗り換えなしで来ることができます。入園料は大人250円、小中学生70円。
 今回は、大阪万博公園の自然美を、空中観察路『ソラード』チューリップフェスタを中心にお伝えします。

f:id:spiritualfriends:20190422104041j:plain

 人生は君自身が決意し、貫くしかないんだよ by 岡本太郎

 入口ゲートをくぐると岡本太郎氏(1911-1996)製作の太陽の塔がお出迎え。久しぶりに見ると、迫力があります。西洋に憧れを抱く日本人の美意識に疑問をなげかけ、日本人の本当の美を、古代縄文土器に発見した岡本太郎氏。太陽の塔は、自然の中に神を見いだし、自然を敬い続けた私達の先祖からの貴重なメッセージが含まれている気がします。
 中はどうなっているんだろう、と気になった方は前日までに予約すると見学できるそうです。最後に予約サイトをリンク致します。
 ここで左右二手に道が分かれているのですが、右手に進むと、子供達が遊べる大きな滑り台などの遊具や、巨大アスレチック迷路があります。お子様連れの方で土日に行く方は、午前中早めの時間に行くことをお勧めします。午後からは多くの子供達で賑わい、ゆっくり遊ぶことは難しくなります。私達家族は左手へ向かいました。梅林があり、小川のそばで仲良しのカモを発見したりと、すぐに自然美に包まれます。

f:id:spiritualfriends:20190422105116j:plain
f:id:spiritualfriends:20190422105327j:plain

 小川にそって歩き続けると、大きなタケノコがはえた竹林を通り過ぎます。息子はカモに喜び、小川を見てはしゃぎ、大きなタケノコに感動。囲いの外にはえていたタケノコを触っていました。子どもの目には全てが楽しく思える場所です。右下の写真は『森の足湯』。広大な公園なので、歩き疲れた時は本当に気持ちがいいです。無料です。 

f:id:spiritualfriends:20190422105839j:plain
f:id:spiritualfriends:20190422105907j:plain
自然観察学習館

 自然観察学習館(10時~16時)という場所に寄ってみたら、ザリガニ釣り体験なるものを発見。普段なかなか自然に触れ合う機会がない息子は、初めてのザリガニ釣りに果敢に挑戦しましたが、釣れませんでした。ここにはカエルやオタマジャクシ、トカゲ、ヤモリなどが展示してありました。

f:id:spiritualfriends:20190422110932j:plain

『ソラード』で森の中を空中散歩

 自然観察学習館を出ると、すぐそばにソラードという森の中を空中散歩できる場所があります。この階段を上までのぼってスタートです。

f:id:spiritualfriends:20190422111213j:plain

 上まで登ると、空中観察路と呼ぶにふさわしい光景が広がり、緑の匂いを含んだ風がとても心地良く、思わず深呼吸。後にも先にも誰もいない中、家族でゆっくり歩いて行き、途中左手に滝を見ながら、塔の一番上の展望台を目指します(右下写真)。

f:id:spiritualfriends:20190422113906j:plain
f:id:spiritualfriends:20190422113938j:plain
f:id:spiritualfriends:20190422111608j:plain
f:id:spiritualfriends:20190422111654j:plain

 ついに展望台に到着!

f:id:spiritualfriends:20190422112607j:plain

 四方八方こんな感じで緑に囲まれています。都会の中の貴重な緑。野鳥も多く、愛好家の方がよく写真を撮っています。左上に太陽の塔が見えますね。観覧車も見えます。乗ったことはありませんが、大阪ホイールという名前で、高さは日本一の123メートル、床はシースルーとなっているそうです。怖そう・・・。あの辺りは、万博公園の入口手前で、エクスポシティがあり、レストラン、ショッピングセンター、映画館、水族館(ニフレル)などがあります。
 誰もいなくて、登山して頂上にたどり着いたような、静かで気持ち良い場所。伸びをした瞬間、「ヤッホー!」と突然息子が隣で叫んで、ドキッ!あっという間に静粛が吹き飛びましたが、本当に気持ちがいいところでした。
 しばらくゆっくりして、階段を降りて小道に入ると、水の音がしました。つられてそのまま歩いていくと、ソラードでも見えた滝が目の前に現れます。(下の写真)あまり知られていない場所なのか、周りには誰もいません。この池の前にベンチがあり、少し早めのランチタイム。
 緑、水の音、陽光、家族、手作り弁当。これ以上、何もいらないくらい幸せな時間が過ぎていきます。

f:id:spiritualfriends:20190422114357j:plain

 食べ終えた頃、親子が現れ、目の前の池で釣りを始めました。よく見たらザリガニを釣っている!(釣ったらすぐに放していました)そうか、ここにもザリガニがいるのか!と気づいた息子は、熱心に探し始めました。この池から公園内を小川が流れていて、息子の1時間あまりにおよぶザリガニ探しが始まりました。小魚はいましたが、結局ザリガニは見つからず。こんな遊びがすごく楽しいようです。
 その後、広大な敷地が広がる芝生で2時間ほど遊びました。息子(小学校3年生)の体つきを見ていると、1年生の頃はまだ乳児体型で、お腹がぽっこり出ててかわいらしいなと思っていたのに、運動好きでどんどん筋肉質になって、いつの間にかお腹が6パックに!こうして一緒に公園に行ってお弁当を食べ、はしゃげるのもいつまでだろうと、内心しんみりしていました。

思いやりがいっぱい。チューリップフェスタへ

 その後、チューリップを見に行きました。チューリップフェスタは4月30日まで行われています。チューリップの花言葉は『思いやり』。思いやりあふれるとても綺麗な空間でした。この後、遊具で遊び帰宅しました。

f:id:spiritualfriends:20190422115938j:plain

f:id:spiritualfriends:20190422141651j:plain
f:id:spiritualfriends:20190422141617j:plain
みんなが楽しめる大阪万博公園

 チューリップフェスタのあとは、ローズフェスタ(5月11日~6月9日)が始まります。大阪万博公園には、他にも巨大アスレチック立体迷路やサイクルボート、おもしろ自転車広場、国立民族学博物館、日本庭園、レストラン(11時から16時30分)、リニューアルオープンしたバーベキュー場などがあり、子供から大人まで楽しめる場所です。また園内には『森のトレイン』が走っていて、途中下車も可能で、歩かなくてもゆっくり自然を楽しめます。詳しくはホームページをご覧ください。
太陽の塔内部見学の予約はこちらのサイトから。

「太陽の塔」公式サイト(大阪府日本万国博覧会記念公園事務所)

アクセス、WiFi設置場所等、詳しい情報は大阪万博公園ホームページへ。

万博記念公園

 おしまいに・・・。当ブログのパソコン画面のテーマデザインは、京都大原にご在住のベネシア スタンリー スミスさんのご自宅のお庭なのですが、自然を愛するベネシアさんの素敵な言葉を、テレビ番組『猫のしっぽ カエルの手』より引用し、ご紹介します。

ベネシア スタンリー スミスさん『野花の草』

私の目に触れる植物は
どれも独特の美しさと役割をもってずっと昔からこの地に自生しています。
世界中どこでも自生する土着の植物が
その土地の野生生物の暮らしを支えています。
私達も身の回りの植物にもっと心をとめて大切にできたなら
自然界の命の輪のおかげで
全ての生き物が共存できていると気づくでしょう

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ