<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

ハワイ旅行⑦『ダイヤモンドヘッド登山』利用情報・景気・感想

 ハワイ・オアフ島ののシンボル的な山、ダイヤモンドヘッドは標高232メートルで、30万年前の噴火によって形成されました。オアフ島に訪れる方は誰もが1度は頂上まで登ってみたいという気持ちになるのではないでしょうか。
 ダイヤモンドヘッドに登ったのは2度目ですが、久しぶりということもあり、この登山道がどんなところなのか、ほとんど忘れていました。
 以下に登山道や頂上からの写真、また事前に知っておいたほうが良いと思ったことなどをまとめてみました。初めてまたは久しぶりにダイヤモンドヘッドに登ってみようかな、という方の参考になればと思います。

ダイヤモンドヘッド入場*1人1ドル、普通車5ドル

 ダイヤモンドヘッドへは、車、バス、トロリーの三つの方法で行くことができます。
 最初に入場料を払います。下の画像、看板の上部に『PARK ENTRANCE FEES』とあります。入場料のことですね。その下『WALK IN』になっているので車以外の方は左側の窓口に行き、人数分の数字を伝えて下さい。4名なら“Four,please.” これでOK。大人も子供も1人1ドル(2歳以下無料)なので、4ドル支払ってチケットをもらい、まっすぐ進むと売店・トイレがあり、登山口です。尚、支払いは現金のみでカードは不可です。
 車の方は『DRIVE IN』→になっていますので、赤い車のように前に進みます。普通車は5ドルかかります。年中無休で入場時間は朝6時から夕方18時までとなっています。 

f:id:spiritualfriends:20190416090652j:plain

ダイヤモンドヘッドに登る前に、これだけは注意

 ダイヤモンドヘッドは、日中、強烈な日差しが降り注ぎ、途中日光を遮るものがほとんどありません。日焼け止めクリームを念入りに塗ったり、お子様でもサングラスをするなどの徹底的な紫外線対策をしていきましょう。
 一番大事なのは飲み物!入口に売店があるので、まだない方はそこで購入するか、トイレの前に給水機があるので、水筒やペットボトルに給水してから登山しましょう。一旦登山口に入ると、その後頂上まで、売店や自販機、トイレはありません。

f:id:spiritualfriends:20190416093557j:plain

登山開始*季節、時間、体調を考慮して登りましょう

 入口にて。ここでお決まりの写真タイム。家族で写真を撮りたいな、と思っていたら、下山してきた家族の中のお母さんが、「写真撮りましょうか?」と声をかけて下さいました。お礼にこのご家族の写真も撮りました。4歳ぐらいの女の子もいました。すごい・・・。
 撮影を終えると、この方が「今から登るんですか?けっこうきついですよ」と優しい笑顔ながらも、目が笑っていない気がしました。この時午前9時頃。もっと早い時間に登った方がいいと、登りながら思いました。すでに強い日差しがジリジリと照りつけています。
 登山時間約30分の登山道ですが、登る季節や時間をよく考慮し、体調ともよく相談して登りましょう。

f:id:spiritualfriends:20190416095228j:plain

 最初は舗装された真っすぐの道が続き、次第に曲がりくねった急こう配の山道になります。時間にもよりますが、先日ご紹介したマノア渓谷と比べて、ダイヤモンドヘッドは登山者の数が非常に多く、歩き始めるとどんどん前を歩く人の数が増えていきます。自分のペースというより、みんなのペースに合わせて、流れにそって進んで行きます。下の写真で、山の上にある白い小さな建物がある場所が頂上です。

f:id:spiritualfriends:20190416095710j:plain

 前から下山者がたくさん来るので、前がつまるとなかなか追い抜かすことはできません。地面も固く岩場のようなところを登って行きます。通って来た登山道を見下ろすと、下からも続々と人がのぼってきます。(写真右下)
 日本人女性で、ヒールをはいて登っている方をみかけました。想像するに、かなりつらいかと・・・。標高232メートル、片道1.1キロですが、数字ほど楽な登山道ではありません。はきやすい靴で行きましょう。

f:id:spiritualfriends:20190416100658j:plain
f:id:spiritualfriends:20190416101629j:plain

 もうそろそろ着くだろうと思った時に、何と階段が目の前に現れます。しゃべっている人は誰もいません。みんな息を切らしながら無言でひたすら登っていきます。この長い階段を登り切った後、トンネルやさらに同じような階段、またトンネル、そして螺旋階段まで現れます。もう写真を撮っている場合ではなくなります。階段→トンネル→階段→トンネル→螺旋階段→写真右下が最後の階段。
 途中、左へ曲がるう回路がありました。そこから行ったほうが楽なのかはわかりません。 

f:id:spiritualfriends:20190416102034j:plain
f:id:spiritualfriends:20190416104609j:plain
全てはこの景色を見るために

 登り切ったらご褒美のような景色が広がります。登山口から人の流れにあわせて歩き、かかった時間は30分でした。たった30分と思うかもしれませんが、直射日光と勾配のきつい階段がある分、体力を消耗します。日光を遮るものがほとんどないので、マメな水分補給が必要です。この日は4月の初め。それでもかなり暑かったです。写真はダイヤモンドヘッド頂上から見たワイキキと海。壮大な景色が広がります。

f:id:spiritualfriends:20190416104203j:plain

f:id:spiritualfriends:20190416104129j:plain

 ここまで来ると、登って本当によかった、と思います。息子も感激していました。
帰り、階段を見下ろすと下の方まで行列です。

f:id:spiritualfriends:20190416105206j:plain

 下山にかかった時間は25分ほどでした。売店付近にドールのお店があったので、パイナップルスムージーを購入。すごくおいしくて、生き返る思いでした。写真の左のほうにあるパイナップルにストローがささっている大きめのサイズもありました。

f:id:spiritualfriends:20190415114823j:plain

f:id:spiritualfriends:20190416111044j:plain

ダイヤモンドヘッドの登山概要

標高:232メートル
距離:片道1.1キロ
入場料:大人も子供も1ドル(2歳以下無料)または車1台につき5ドル
持ち物:飲料水(多めに)、日焼け止め、サングラス
服装:帽子、はきやすい靴
頂上までの所要時間:行き30分、帰り25分。
アクセス
バス:ワイキキから23番バス乗車、KCC前下車。バス停から登山道入り口まで約15分。
トロリー:ワイキキからグリーンライントロリー乗車、クレーター内側下車。登山道入り口まで約1分。
車:地図をご覧下さい。
  ダイヤモンドヘッド下山後、カハラモールにあるオーガニックスーパー『ホールフーズマーケット』に立ち寄りました。よかったら足を運んでみて下さい。 

www.spiritualfriends.work

 緑の中を登山したい方は、マノア渓谷がお勧めです。

www.spiritualfriends.work

こんな記事もあります。

www.spiritualfriends.work

 今日も希望発見ブログをお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ

【この記事は2019年、7月21日に加筆・修正致しました】