<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

心を癒す旅*自分らしく生きるために実践している3つのこと

  ある人の人間性を知りたければ、その人の本棚を見ればいい、という言葉を聞いたことがあります。確かに、恋人や友人のことをもっと知りたければ、その人が普段読んでいる本、あるいは漫画の趣味を見れば、ああ、こういうことに興味があるのか、ということがわかります。そこで趣味が合えばいいけれど、『ちょっとヤバそうな人だ』と気づいたら、ショックですね。

 これは自分にも当てはまります。自分っていったいどういう人間なんだろう、と思ったら、ふと自分の本棚を見てみるとよくわかります。私の本棚は随分整理したにも関わらず、霊的真理(スピリチュアリズム)のことを書いた本や歴史小説がずらーと並んでいます。もっと言えば、テレビの側には映画や海外ドラマのDVDが結構あります。暴力的なものは苦手でありません。予約するテレビ番組はお笑い番組が中心です。皆さんの本棚にはどんな本がありますか?
 自分という人間を理解し、自分らしく生きるように心がけると、心がとっても楽になります。今回は、自分らしく生きる方法をお伝えします。

Life.

人にどう思われるか気にしない

 「書く」ことも、自分を見つける方法の1つですね。
 2ヶ月前からブログを通して 自分が好きなことを書いています。歴史や映画が大好き。読書も旅行もお笑いも好き。心の力になるような言葉も好き。五感を越えた世界を真剣に考えることが好き。私にとって、五感で感じる世界だけが全てだなんて、あまりにも味気なくつまらない。人間はもっと壮大な世界に生きていると思っています。
 いろんな方のブログを読む機会に日々恵まれ、気づいたことは、その人の日常が自分の人生の一部になっていることです。その人の喜びも悩みも、自分の一部。一緒に喜んで一緒に悩んでいます。私は感情移入しやすいタイプの人間かもしれません。人はみんなどこかでつながっているのだと、ブログを通して実感しています。つながっているからこそ、感じたこんなことも。
 先日、読者登録している方のブログを読んでいたら、記事に批判的なコメントが来た、とありました。そういうことを知ると、私はその人を守りたい衝動にかられます。別に批判されるような内容じゃないのに、悲しくなりました。でも、ブログを書いた方は、ケロッとしていて全く気にしていない様子。批判はやり過ごす。その姿勢、素晴らしいなと思います。 
 
 私はまだそういう経験はありませんが、何事も、批判を気にしていては一歩も前へ進めない、とつくづく感じます。
 私にとって書くことはアイディアをひねり出すことではなく、思いを書き写すことです。楽しんでいますが、心が揺れ動いて難しい時もあります。
  それは、誰かを喜ばせようとか、変に思われるかな、などと評価を気にしてしまうような気持ちが頭をよぎる時です。やっぱり時間をとって書くからには、誰かに気に入ってもらえたら嬉しい。でも、そこばかり意識してしまうと、途端に心のバランスが崩れて、書くことを楽しめなくなってしまいます。
 たとえ誰かに悪く言われたり評価されても、それはその人の頭の中で起こっていること。自分が本当は誰なのかは、その人達の定義とは全く異なります。
 『人にどう思われるか』は誰もが考えることですが、たとえ変だと思われても、やり過ごす覚悟がないと、自分らしいブログは書けません。これはブログに限らず、人間関係全般に言えることだと思います。
「批判?そんなのどうだっていい。それは本当の私じゃないから」
 時には図太くいかないと、いけませんね。
 結局、自分のことは自分が一番よく知っていて、人目や人の意見に屈してはならない、と以前何度も自分に言い聞かせたことを、今また思い出しています。
 人に望まれるように生きていては、本当の幸せは得られず、自分が本当に望むような人生に手を伸ばして行動してこそ、自分らしく生きられると思うのです。
 また、せっかく生まれてきたのだから、いつかこの世を去るまでに、少しでもポジティブなものをのこしていけたら、とも思います。Be positive!

やりたりことを始めよう*最初はみんな初心者  

 自分らしく生きるとは、やりたいことをやる時間を持つ、ということだと思います。人の気持ちを優先することが、思いやりとして称賛されがちですが、でも自分という人間もとても大切。どうせやってもやらなくても、同じように年を重ねていくのだから、今まで我慢してきたことを、思い切って始めてみる、ということが、自分らしく生きることの近道だと思います。
  人生に苦労はつきもので、そこから多くのことを学べますが、人生はやはり楽しむためのもの。喜びや感動を感じるためのものだと思います。
 もちろん、やりたいことをやったから、全てが順調にいくわけではないかもしれません。
 私は子供の頃、運動が大の苦手でした。でも大人になってから水泳を始め、趣味に卓球、バドミントン、ボーリングが加わりました。毎週末のようにしています。どれも最初は恥ずかしくなるほど下手でしたが、少しずつ上達し、やればやるほど楽しくなりました。何かを始める時、恥をかいても、かっこ悪くてもいいや!っと吹っ切れたほうが気楽です。
 現在の私にとってブログはやりたいことの1つですが、うまくいかなくて当たり前、つまづいて当たり前だと思います。それを失敗とするなら、失敗して当たり前です。私はまだまだ未熟なライターで初心者です。だから、ゆっくり焦らず進みつつ、無難にいくことよりも、思い切って伝えたいことを書いていかないとな、と気持ち新たにしています。Positive Thinking

毎日感謝する時間を持つ

 以前このブログでご紹介した『小さな村の物語 イタリア』という番組の最後に、こんな言葉が流れました。

「幸せかどうかは、他人が決めることじゃない。毎日の暮らしの中に、思わず笑顔がこぼれる瞬間があるかどうか。それが大切だ」

 物質的な贅沢を楽しんでいても、人生を楽しんでいない人はたくさんいます。時々伝記や回想録を読みますが、いくら名声やお金を得ても、考え方を誤ると決して幸福感は感じられません。
 「贅沢な時間」を自分に与え大切にすると、人は心のバランスが取れて、自分らしく生きやすくなるのだと思います。
 本当の贅沢とは、気の許せる家族や友人と笑い合うこと。1日の中に、ふと笑える瞬間があること。1人きりの時間も贅沢な時間です。
 1番上の画像の下のほうに英語で『Life moves way too fast.To stop, appriciate its beauty.』と書いてあります。「人生はあっと言う間に過ぎ去ってしまう。だからその美しさに感謝しよう」
 日常のささやかな瞬間の中に、美しさを見いだし、感謝する。何に美しさを感じるのかは人それぞれだと思います。それが何であれ、意識して感謝することを大切にしたいですね。
 自分らしく生きるために・・・
①人にどう思われるか気にしない。
②やりたいことを始める。
③毎日感謝する時間を持つ。
よかったら皆様も試してみて下さい。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ

 【この記事は2019年5月14日に加筆・修正致しました】

www.spiritualfriends.work