希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

霊的真理、瞑想、留学、子育て、歴史、エンタメ、人間関係。様々な分野から、人生の希望を見つけるブログです。

スポンサーリンク

親子で楽しめる映画5選

 親子で映画を見て、共に笑い共に泣けば、かけがえのない時間になります。今回は実際に子供と見て、子供が特に喜んでいたもの&私自身も本当に見て良かったと思った映画を、できるだけネタバレしないよう5つ厳選してお伝えします。

¿¿¿???

E.T.(1982)

 大阪にあるユニバーサルスタジオでは、E.T.のアトラクションを無くしてしまいました。若い世代の方はE.T.には馴染みがないからだそうです。でもこの映画はスティーブン スピルバーグ監督の名作中の名作。息子が5歳の頃見せました。
  主人公の少年と自分の姿を重ね合わせた息子は、すぐに映画に入り込み、少年とE.T.とのやりとりに、何度も笑い転げ、時にハラハラし、最後は「いぃーてぃー!!」とテレビに向かって叫び号泣でした。息子はこの後、宇宙に強い関心を持ち、宇宙や星関連の絵本を読みあさり、宇宙の図鑑に見入っていました。
【DVD付】宇宙 (学研の図鑑LIVE) 3歳~小学生向け 図鑑

 
 その影響で小学校に入ると、学研のおはなしドリルシリーズに夢中になって、いまや大の読書好きです。『感動』の影響は子供にとって計り知れないようです。
 1本の映画が、子供に夢と希望と好奇心を与えてくれました。子育てを助けてくれたスピルバーグ監督に感謝、感謝です。
うちゅうのおはなし 低学年 (おはなしドリル)


ブルーレイ『E.T.』予告編映像

レンタルすれば、100円から高くても500円以内で済むので、お子様への貴重な投資になるかもしれません。
 

 ホーム アローン(1990)

 家族にわずらわしさを感じていたケビン君が、旅行に行く家族に思わぬ形でおいてけぼりにあいます。留守番中に、間抜けな泥棒二人が侵入しようとして、それを勇猛果敢に迎え撃ちます。

 息子はこの映画をきっかけに、私に積極的にイタズラを仕掛けてくるようになり、爆笑しています。
 親として、子供を自宅に置き忘れるという、映画の中でしか見たくない設定がたまらなく面白く感じます。子育ては失敗の連続ですが、この映画の中の親に比べれば、失敗は笑い飛ばすくらいがちょうど良さそうです。今しかない貴重な時間をできるだけ楽しみたいですね。

ホーム・アローン [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

ライオンキング(1994)

 全編を通してこの映画が最も伝えたいことは、スワヒリ語『ハクナ マタタ』(なんとかなるさ、くよくよするな!)です。動物界のキングである父親を愛し、尊敬している王子シンバ。あることをきっかけに深い挫折を経験しますが、『なんとかなるさ、くよくよするな!』の精神で大きく成長していきます。子供向けの映画は、子供への教育だけでなく、親としても忘れがちな大切なことを思い出させてくれます。

 何かと心配がたえない子育て。でも、心配しても状況が良くなるわけではなく、『なんとかなるさ、くよくよするな!』の精神でやっていったほうが、子育てが楽しくなります。『ハクナ マタタ』、大好きな言葉です。
 ちなみに、昨日公開した記事でご紹介した『スウィンガーズ』という映画で、主演・脚本を務めた、ジョン ファブローが監督して、ライオンキングが実写化されました。全米で今年の夏に公開される予定で、日本公開は未定のようですが、そう遠くはないでしょう。
 でも実写版よりも、アニメからスタートしたほうがいいかもしれません。迫力がありすぎて、泣き出すかも。


『ライオン・キング』 予告編 (2019年)

ターザン(1999) 

 海難事故で両親を失い、アフリカのジャングルに取り残された赤ちゃんが、ゴリラの母親カーラに育てられ、ゴリラの世界から孤立しながらも、カーラの愛情を受けながらたくましい青年に成長いく姿を描いています。

  この映画を表す時、主題歌(you'll be in my heart)を歌うフィル コリンズの歌詞に全てがこめられています。こんな感じです。
『君はいつも、私の心の中にいるんだよ。信じて欲しい。今もこれからもずっとずっと心の中にいる。誰が何と言おうと、いつも一緒なんだよ。困った時は、ちょっと振り返ってごらん。君のために、必ずそこにいるから』
 日本語バーションは、V6の坂本さんが歌っているそうです。


Tarzan- You'll Be in My Heart (Japanese)

 この映画に出会えて本当によかったと思いました。

アイスエイジ(2002)

 氷河期を舞台にした珍しいアニメで、真面目で頑固なマンモス『マニー』、お調子者のナマケモノ『シド』、気難しいサーベルタイガー『ディエゴ』。共通点が全くない三人が、予期せぬ巡り合わせで出会い、珍道中を繰り広げます。ユーモアをふんだんに取り入れながら、仲間を想う大切さを描いています。息子は腹をかかえて何度も笑っていました。人気アニメだけに、アイスエイジ5まであります。

アイス・エイジ [Blu-ray] 

その他の親子で楽しめる映画

 5つの中にはみ出した作品をあげると、『ウォーキング with ダイナソー』や『ブラザーベア』、『ファインディング ニモ』があります。

 また、『リトルマーメイド』『バンビ』『白雪姫』『ダンボ』など、不朽の名作と呼ばれる作品には、子供をひきつける何かがあります。

「人が嫌がることは、言っちゃ駄目だよ」そんなセリフが出てくるので、自然に心に沁みていくのかもしれません。

 子供向けの映画は、大人にとっても子供心に戻ってリラックスできます。
 ワクワクする気持ち、いつも大切にしたいですね。
 
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 Your spiritual friend, ラニ

 

www.spiritualfriends.work