<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

【心の癒し】『過去を手放す』時、もらえる貴重な『プレゼント』

 なんてひどい1日だったんだろう、とその日の深夜、眠りにつくまで考えてしまうことはないでしょうか?ひょっとしたら1週間前、あるいは1ヶ月前までさかのぼり、嫌な体験を思い出してしまうこともあるかもしれません。
 嫌な過去を思い出してばかりいると、貴重な『今』という時間が目の前を何の意味もなさず通りすぎていってしまいます。
 人生、嫌なことから完全に逃れられる人は誰一人いませんが、心の在り方一つで、すぐに嫌な気分から脱却しやすくなります。それは、過去を手放すことを固く決意することです。今回は、過去を手放すことで得られる、心の癒しについてお伝えします。

f:id:spiritualfriends:20190610110649j:plain

 『今』という瞬間は人生の『プレゼント』

 私は嫌なことがあると、いつまでも思い出してはクヨクヨするタイプの人間でした。20代の頃、理不尽なクレームの電話を受けると、何日たってもその声を思い出してしまい、その人の怒りに満ちた顔まで思い浮かべてしまいます。
  すると、どれだけ美味しい食事をしても、ただ喉を通り過ぎるだけになり、どれだけ楽しい映画を見ても、ただ映像が目の前を通りすぎるだけになってしまいます。『今』という瞬間を、過去に奪われてしまっていたのです。
 時に、何十年も前の子供の頃のつらい記憶を、延々と思い出してしまい、それが対人関係への恐怖へと変わることもありました。この場合も、今という瞬間に生きておらず、過去に生きていることになります。
 過去に生きてしまう最大の短所は、未来をも奪われてしまうことです。同じことが起こったらどうしよう、もっとひどい人に出会うのでは・・・、と頭の中は『心配』という負のスパイラルに陥ります。
  『現在』のことを英語で『PRESENT(プレゼント)』と言います。過去に起こった嫌なことをいつまでも思い出し頭の中で追体験したり、未来を心配していると、今この瞬間という、人生が与えてくれる貴重なプレゼントをみすみす逃してしまいます。私はどれだけ多くのプレゼントを受け取らずにいたことか。もったいないことをしました。

f:id:spiritualfriends:20190610111118j:plain

努力は苦手でも脱力ならできる

 0歳だろうと、80歳だろうと、私達は『今』という瞬間にしか生きることができません。人生の中でどれだけのプレゼントを受け取るかは、今に生きるのだという、自分の意識一つで決まります。
 私はクヨクヨ人間から変わりたくて、こんな風に考えました。人生は結局、今という瞬間の連続なのだから、今に集中するため思考回路を自分である程度コントロールできたほうがいい。でも努力は苦手。
 そう思って始めたのが瞑想で、これは心の中でつらい記憶を手放し、未来を心配しない生き方をするために、大いに役立ちました。努力しなくても脱力すればいいから、とても楽で私には合っていました。また、リラックスしてこそ、自分の力を発揮できることに気づきました。
   瞑想をしなくても、瞑想的な生き方をすれば、幸せな瞬間が続きます。なぜなら『今』に深く集中しているからです。
  食事をする時は、一口一口を本当に味わって食べる。何かを飲む時は、飲むことに集中する。誰かの話を聞く時は、耳をしっかり傾ける。同様に、皿を洗う時にはただ洗うことに集中し、音楽を聴く時は、メロディーや歌詞に心を委ねる。考え事をしていては、世界最高のミュージシャンが歌う歌も、ただの音として耳から耳へと通り過ぎていきます。
 人は好きなことをしてこそ、何もかも忘れて夢中になれます。いくつになっても、趣味の時間を大切にしたいですね。運動する時間を増やすことも、お勧めです。心の中に平穏な時間が増えれば増える程、周りの世界も平穏になっていきます。

f:id:spiritualfriends:20190610111748j:plain

許し難い人を許す

  『今』に生きることで、最も難しいことの一つは、心の中に許し難い人がいることです。私は子供の頃、習い事の先で毎週のように受けたひどい暴力や暴言が、大人になっても尾を引きました。
 でも、傷ついた心のままの『人生の犠牲者』でいることがとことん嫌になり、過去に自分を傷つけた全ての人を許し、手放すことにしました。彼らを思い出すことは、今という貴重な人生の『プレゼント』を捨ててしまうようなもの。理不尽な出来事が30年前だろうと、昨日だろうと、とにかく誰にも自分の未来を奪われたくありません。
  このことは多くの伝記や回想録を読むうちに学びました。ひどい過去を手放し、幸せな人生を手に入れた人は、たくさんいます。そんな人達に共通しているのは、不要な過去は手放すこと、恨みを抱かず許すことです。
 私も彼らにならいました。許すことは、誰かの卑劣な行為を認めることではなく、人生を前へ進むための、自分への最高のプレゼントになります。
 自分を傷つけた人を許すことで、その人を心の中から追い出すことができます。許しがたい人を許すことは、とても難しいことですが、許してこそ、心に本当の平穏が訪れ、得るものは絶大です。

f:id:spiritualfriends:20190610113054j:plain

みんな強い心を持っている

 人生の素晴らしいところは、何があろうと、どう生きるかは全て自分で決められることではないでしょうか。私は『今』に生きることを選びました。
  私にとって過去は、数々の良き思い出といくつもの教訓を学びとり、手放すべきもの。過去に未来を奪う力は与えないようにしています。
 人の心は実はとても強く、全てを良い方向に変えられる力があると信じています。つらいことがあったら、いつまでも思い出して自分を打ちのめすのはやめ、恥ずかしさや罪悪感を感じる必要もありません。
  これからは今に生きることを意識し、大好きなことを少しでもやる時間を増やせば、『今』に集中している時間が増え、多くのプレゼントを胸にしまいながら、前を向いて生きていくことができます。
  
 今日も希望発見ブログをお読みいただき感謝しています。ありがとうございました。
 Your spiritual friend, ラニ
【この記事は2019年6月10日に、加筆・修正致しました】

【心の癒し】関連記事です。

www.spiritualfriends.work

www.spiritualfriends.work