希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

霊的真理、瞑想、留学、子育て、歴史、エンタメ、人間関係。様々な分野から、人生の希望を見つけるブログです。

天国にいる愛する人にメッセージを伝える方法と祈りのメカニズム

NYC LOVE

 ちょっと写真に心を込め過ぎたかな。でも、キリスト教のお祭りでさえ、独自の方法でお祝いに変えてしまう、寛大な日本人のこと。バレンタインデーの今日は許されるでしょう。今日あえてこのトピックを選んだのは、世の中が愛のメッセージを伝え合うバレンタインデーやクリスマス、また祝福ムードのお正月などは、愛する人を亡くした人にとって、とてもつらい時期だからです。

 愛する人を失った悲しみのプロセスや症状は人によって様々で、その人との絆の強さにも比例します。この記事がつらい思いをされている方の目に留まり、わずかでも心の慰めになればと思い、書くことにしました。私なりにこの世界を探求した結果、たどり着き得た真実をできる限り正確にお伝えします。 
 尚、私は宗教とは無縁ですが、特定の宗教を信仰されている方の信仰心を尊重しています。あくまでも個人的見解に基づいた記事で、誰かの考えを曲げようとか私の言うことを信じさせようという意思は一切ありませんので、よろしくお願い致します。I Love You Lots

私達の本当の姿*肉体を越えるもの

 最初に、『この世』と『あの世』にいる人達の体の違いについてお伝えします。この世に住んでいる私達の肉体は、主に3層からなるエネルギー体(エーテルアストラル体メンタル体)に常に包まれています。このエネルギー体は俗にオーラとも呼ばれます。肉体は長くとも100年前後で役割を終えますが、オーラは私達の肉体を一生の間包み込み、肉体の死後も一部(エーテル)を除いて存続します。オーラこそ、私達が死後も携える私達の本当の体です。
  エーテルは死の直後に脱ぎ捨てますので、現在天国にいる方は、アストラル体メンタル体を携えています。私達も皆、いずれそうなります。この体は、決してふわふわした形ではなく、現在の肉体のレプリカのように同じ形をしていて、はっきりと実体があります。

 では、オーラの各層にはいったいどんな特徴や役割があるのでしょう?それを理解すれば、なぜ私達からのメッセージが届くのか理解しやすくなります。

 エーテルには、チャクラと呼ばれるエネルギーの通り道があり、私達の思考と密接に関係しており、私達の体内の臓器などに影響を与えます。エーテル体は、私達がこの世に誕生する前、母親の胎内に宿り肉体を伴う時に形成されます。
 アストラル体は、私達の肉体から外側に約20センチ広がっており、肉体とほぼ同じ形になっています。この層は、私達の一生分の感情・記憶・願望などの全てが刻み込まれています。ですから、死後も私達は一生の全ての出来事をいつでも思い出すことができます。 愛する人のことは、決して忘れることはありません。
  死後、肉体を脱ぎ捨てると、意識が大きく拡大するので、天国にいる人は家族や友人からの思いを、地上にいた時は比べようもないほどの大きさで受け取ります。感謝の気持ちをこちらから送ったら、その喜びははかりしれません。

  最後のメンタル体は、繊細なエネルギーが流れる場所で、主に直感的な思考を受け取る場所です。
 自然の中に身を置くと、気分が良くなり直感が研ぎ澄まされ、いろんなアイディアを得ることができるのは、メンタル体を含むオーラが高いエネルギーを吸収できるためです。また、私達は自然だけでなく、ペットにも癒されます。なぜなら、自然やペットにもオーラがあり、私達人間よりもエネルギーレベルが高いため、触れることでその恩恵を受け取っているのです。自然や動物に常日頃から感謝して、大切にしたいですね。

 天国にいる人達は、この世にいる私達の元によく訪れます。その時、もはや肉体の目ではなく、霊的な目で見ます。ということは、私達のオーラを見ています。彼らは私達が何に悩んでいて、どんな願望を持っているか、また健康状態までわかります。その情報を元に様々な手助けをし、主に直感という形で私達は答えを受け取ります。

   新しいことを急にやりたくなったり、必要な場所、相応しい人に導かれます。 霊的な助けはとても偉大で、直感に従うと急に物事がスムーズに進み出します。
 私達はこうして親族以外にも、違う世界から何人もの人達によって導かれているのです。直感に従う大切さはここにあります。本当に一人で生きている人など誰もいない、と私は思っています。 

Aura

天国にいる人のコミュニケーション方法『思念』

 天国にいる人達は、なぜ私達が心で思ったメッセージを受け取ることができるのでしょう?それは、天国では、誰かとコミュニケーションを取る時『言葉』を使うのではなく『思念』を使います。俗にいうテレパシーです。
 誰かに思いを伝える時は、心で思えばよく、また誰かの思いも受け取ることができます。それはもはや、肉体という密度の濃い物質をもっていないからです。『思念』こそ、天国での共通言語です。
  このように、思いを受け取ることが、天国では当たり前になってきます。最初は戸惑うこともあるでしょうが、先に天国に行った家族や友人、または、霊的な絆を持った人達が、必ず順応できるよう助けてくれます。
 また、天国にいる人達の体『霊体』の特徴は、二度と怪我をしたり病気になったりしないことです。いかなる事故や病気でこの世を旅立った方も、死後すぐに完全な霊体をともなっています。この霊体は、自分の思念で変えることができ、ほとんどの人が人生の絶頂期である、20代から30代の姿をしています。視力、聴力も完璧になりますので、眼鏡をかけている人はいません。
 長年連れ添った夫婦が、人生の伴侶を亡くした後、相手が夢の中で若かりし時の姿で出てくることがあります。それは、現在の本当の姿です。睡眠中は私達の思考が休まっているので、天国にいる人が最も私達にメッセージを伝えやすいのです。
 このように、天国にいる人は言語を越えた『思念』の世界に住んでいます。それは、私達の世界からもすぐに届き、私達が心の中で伝えたメッセージを受け取ることができるのです。
Love letter from Paris

愛する人へ思いを届けたい時、この方法で。

 誰かに想いを届けたかったら、仏壇や祭壇の前で手を合わすことも素晴らしい方法の一つです。ただ、そこからでないと、思いが通じないわけではありません。

 自分の部屋など落ち着く場所選びましょう。
 最初に数回深呼吸を繰り返します。これは、私達のオーラが持つエネルギーの周波数が、天国にいる方に比べ、肉体を持つ分低いので、深呼吸によって周波数を上げるためです。自分なりに精神統一して深呼吸をすることは、あたかも受話器をとって、天国にいる人に電話をかけるようなものです。
 次に、その人がとても元気だった頃の姿を思い浮かべましょう。写真を用意すると完璧です。
 彼らはどんな旅立ち方をしたとしても、可哀想な人などと思って欲しくありません。もやは完全な体をもち、経済的な悩みも持っていません。自分の思念一つで何でもつくり出せるからです。
 だからこそ、思いを届けたい時は、その人の最も元気な姿が映っている写真を用意してみて下さい。ロウソクやアロマがあったほうが、集中できる方はそうしてください。 あなたがその写真を用意してくれた、ということも全部伝わります。

 写真を用意して、元気な姿を脳裏に焼き付け、深呼吸を開始して目を閉じましょう。ありありと元気な姿を思い浮かべ、心の中でメッセージを伝えてください。
  そのメッセージは瞬時に届きます。
 もし、悲しみのあまり気持ちが集中できない場合は、手紙を書いてみて下さい。この場合も元気な写真を前に置いて、深呼吸を繰り返してからして下さい。手紙は自分の思考を整理しながら、相手に思いを伝える素晴らしい方法です。一言一句が確実に伝わります。手紙を書き終えたら、自分の大切な場所に数日間保管してください。書き終えている時には、相手にすぐに伝わっています。すぐそばにその方がいる時も多いでしょう。
  以前、『天国からのサイン』という記事でも書きましたが、彼らはそばにいることを様々な方法で伝えてきます。前述した夢が最も確かな証拠です。エネルギー体の彼らは電子機器に影響を与えることもできます。その人のことを考えている時、電気がチカチカするかもしれません。祈りを捧げる時、肩の辺りが温かく感じることもあるでしょう。また、突然その人の『香り』がすることもあります。香水や煙草の匂いなど特徴のある香りです。さらに突然わけもなく、その人との思い出の曲を口ずさんでいることもあります。愛する人があなたのオーラに思念で吹き込み、そばで見守っていることを伝えているのです。少し周囲に目を配れば、サインに気づく可能性が高まります。

 この辺りで今回はおしまいにします。
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 Your spiritual friend,  ラニ