<レスポンシブを有効にするコード↓>

希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

霊的真理(スピリチュアリズム)、瞑想、歴史、名言、旅行、子育て、エンタメ、心の癒し。様々な分野から、楽しく楽観的に生きるための希望を見つけ、ご紹介しています。

スポンサーリンク

怪しい!絶対に騙されない!本物の霊能者と偽物の霊能者の見分け方

Bourgeons de Sakura

スピリチュアルって怪しい

 私は都会のど真ん中に住んでいることもあって、自然や植物に強烈な魅力を感じ、恋しくて仕方がありません。妻の実家が九州地方の田舎町で、自宅の裏側は深緑に包まれた山々に抱かれ、正面は陽射しを浴びた海面がダイヤモンドのように輝き、夜空を見上げると感動の天体ショーを楽しむことができます。そんなところで生まれ育った妻が何とも羨ましく感じます。
 私は歴史も大好きで、旅行といえば史跡をよく巡ります。歴史に魅かれるのは、その時代の精神的な土壌の中で、懸命に一生を生きてきた人々の喜びや悲しみ、成功や失敗から何かしら学べることがあるからです。私の場合はそこから少しだけ飛躍して、人は必ず死ぬ。自分もいつか死ぬ。じゃあ死んだ後はどうなるんだろう?という疑問から、探求の旅が始まりました。足かけ10年ほどになります。
 こんな私ですが、スピリチュアルとか魂の話をしている人がいたら、「ん?本当か?怪しいぞ」とちょっと疑ってかかります。(自分も書いているくせに。しかもIDにスピリチュアルが入ってる)「私はチャネラーです!とか、神様の声をお届けします!」とブログに書いてあったら、「ますます怪しい!」と私の疑念はますます深まります。(本物の方ごめんなさい)

霊能者は疑ってかかるくらいがちょうどいい

 私の知人の女性で、結婚生活がうまく行かず、健康を損ねたことがきっかけで、著名な占い師をインターネットで検索し、片っ端から見てもらっている人がいます。なかなか納得いく言葉がもらえず、今度は霊能者を検索し、会いに行き始めました。でも、本物か偽物の区別がなかなかつかない、と言う話を耳にしました。最近になって結構そういう方が多いことを知りました。

 私は人の悲しみを癒そうと真摯に霊能力を生かしている霊能者は、心から尊敬していますが、何せインチキまたは訓練不足の人が圧倒的多数を占める「職種」ですので、疑ってかかるくらいが当然だと思っています。それでは、本物と偽物の見分け方をお伝えします。

Untitled

本物か偽物か*ちょっとした見分け方

部屋の中

  本物の霊能者の部屋はとても清潔です。エネルギーの循環をよくするためです。美しい花が置いてあることが多いでしょう。花はエネルギーレベルを上げてくれるからです。中にはクリスタル(天然石)が置いてあるかもしれません。これは別に怪しいことではなく、花と同様に、エネルギーレベルを上げるためです。

(*天国から訪れる人達は私達よりも遥かに高いエネルギー体です。霊視のリーディングの際は、霊能者が自らのエネルギーレベルを上げ、天国から訪れる人にエネルギーレベルを下げてもらい、両者のエネルギーレベルが中間地点で重なった時、初めてコミュニケーションが可能になります。英語では、霊能者のことを中間地点を表す『ミディアム』と呼びます。)

 偽物の霊能者は、多くの物品に囲まれ、とても清潔とは言い難い部屋です。相談者に買わせるため、たくさんの数珠や水晶、壺がおいてある可能性があります。

 言葉づかい

 占い師にしても霊能者にしても、その人の言葉遣いに注意してください。乱暴な言葉づかい、自分の言うことに従わせようとする人がいたら、すぐにその場を離れることをお勧めします。人の運命を左右するようなことを伝える人は、言葉の節々から思いやりを感じるものです。本物に、高飛車な言い方、横柄な口調の人はいません。
 また、本物の霊能者は、性格が明るく、微笑みを絶やさぬような人達です。ユーモアを好み、もし、霊視の前に冗談を2、3言われても驚く必要はありません。スベっても笑ってあげて下さい。これは、相談者を笑わせ緊張から解きほぐすと同時に、相談者自身のエネルギーレベルをあげ、より正確な霊視を行うためです。

 霊視の仕方

 さて、いざ本番です。霊能者の口から、私の前世は・・という言葉が飛び出したり、さらに歴史上の有名人ができてきたら、その時点でアウトです。霊視とは全く関係がありません。

 霊能者が霊視のために聞く質問は基本的にたった二つです。あなたが逢いたい人の名前と関係です。
「母からのメッセージを聞きにきました。名前は・・です」
 あなたがそう言い終えた時、本物の霊能者は、すでにあなたの愛する人がその場にいることがわかっています。それは霊能者が事前に呼び寄せたのではなく、あなたがその人に「逢いたい」という強い思いが、呼び寄せたのです。あなたの愛する人も、あなたにメッセージが伝えたくて仕方がないので、喜びと共に現れます。絶対に「遅刻」しません。
 ですから、もし霊能者が「私が呼び寄せている」と言った時点で完全にアウトです。自分を偉大に見せているだけで、そんな能力は誰しも持つことができません。霊能者が最初にあなたの口からたくさん情報を得ようとしたら、要警戒。偽物か、かなりの経験不足です。

証拠提示

 最初に伝えられるメッセージは、必ず現れた霊があなたの愛する人かどうかの証拠になるべき事柄です。例えば、あなたとあなたの愛する人しか知り得ない、子供時代の思い出とか、一風変わった趣味などです。
 これらが一致していれば、相談者も、本当に逢いたい人が今この瞬間そばにいるとわかります。証拠もなしに、「死ぬ前は温かい看病してくれてありがとう、と言っています」とか「あなたのことをとても愛していますとおっしゃっていますよ」と言われても、本当かどうかわかりません。霊視の冒頭に霊能者がしっかり証拠を示せるかどうか、ここに霊能者の真偽のほどがかかっています。

 また、本物の霊能者はあなたに伝えられたメッセージを勝手に解釈をして、「もっとこうしなさい」とか「そんなことしてたら駄目です」とは言いません。通訳のように、ただひたすら届いたメッセージを、あなたに伝えるだけです。

 霊視の途中では、あなたが誰だかわからない人の情報を得るかもしれません。例えば相談者の名前を春子さんとします。春子さんは夫と離婚を考えていましたが、どうすればいいのか頭を悩ませていました。でも、そのことは一切霊能者には伏せています。

「『ゆりこ』という名前の方をご存知ですか?」と霊能者が言います。でも春子は全く思い出せず「いいえ、心当たりはありません」と答えます。「あなたのお母さんは、ゆりこさんのことをおっしゃっています。ゆりこさんがあなたの心の支えになるはずだと」
 よく意味がわからなかった春子は、首をかしげながら家に帰ります。ポストを見ると中学校の頃の同窓会の案内の封筒が入っています。同窓会なんて興味がない、と思いながら、中を開け、何気なく見てみると目に飛び込んできたのは、差出人の下の名前「ゆり子」。心臓が口から飛び出しそうなくらい驚いた春子は、記憶をたどってみると、当時クラスで頭が良く、学級委員長を務めていた子の名前が『ゆり子』だったことを思い出します。同窓会に参加しゆり子に会ってみると、彼女は現在離婚専門の弁護士で、相談すると親身になって話を聞いてくれ、旧友のよしみで無料で相談に乗ってくれることになりました。
 「お母さん、本当にありがとう!」死後も娘のことをずっと気にかけ、愛し続けてくれるお母さんの存在に、春子は感謝の気持ちいっぱいになりました。
こういう話は実際にたくさんあります。

 本物の霊能者は、天国から現れた人がどのような亡くなり方をしたか、感じることがよくあります。もし、心臓の病で亡くなったのなら、霊能者は胸にチクリと痛みを感じたり、違和感を感じます。
「お母さんは心臓の病気で亡くなりましたか?」霊能者がこう言い当てたら、それは霊能者がお母さんの霊から感じ取っているのです。
 脳に関係がある病気なら頭がくらくらし、水死した場合は、息がつまるような感覚を覚えます。

あなたも普段霊能力をつかっている

 一口に霊能力といっても、視る力が強い人、聴く力が強い人、感じる力が強い人、直感力が優れている人など様々です。見る力が弱く、聴く力、感じる力が強い人もいます。
 例えば感じる能力は多くの人が持っています。「この人とは何か気があいそうな気がする」「この部屋すごく雰囲気が悪い」。これはクレアセンシェンス(はっきり感じる)という霊能力です。「何か新しいことを始めてみたい。そうだ、ブログをしてみよう!わくわくしてきたぞ!」これはクレアコグニザンス(はっきりわかる)と呼ばれる直感的な霊能力です。普段気付かずともみんなそれぞれの霊能力を駆使して生活しています。

Mt. FUJI

 もし、偽物の霊能者(占い師)に当たっても、恨みをもったりする必要はありません。霊的なことを意図的に偽ると、その一つ一つの行為が、そのまま“偽霊能者”にいつか必ず何倍にも返ってきます。霊的な罪は非常に重いのです。
 そういう私にも全く同じことが言えます。霊的なことを書く時は、緊張感を持って慎重には慎重を期しています。もし内容が上から目線に聞こえてしまったら、それは私の文章力のなさで、その時は寛大な心でお許しいただけたらと思います。私には「教える」という感覚は全くなく、親友同士が確信を持って有益な情報を伝え合うような気持ちでいます。
 私はまだ、この人生でなりうる自分になるために、第一歩を踏み出した人間に過ぎません。

おしまいの詩*エミリー ディキンソン

 おしまいに、アメリカの詩人、エミリー ディキンソン(1830-1856)の詩をお送りします。

 1人の心が挫けるのを救ってあげることができれば
 私の人生には意味があったことになります
 1人の人生の痛みを取り除くことができれば
 1人の苦しみを癒すことができれば
 1羽の気を失ったコマドリをまた巣に返してあげることができれば
 私の人生には意味があったことになります


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ