希望発見ブログLooking for HOPE 

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

霊的真理、瞑想、留学、子育て、歴史、エンタメ、人間関係。様々な分野から、人生の希望を見つけるブログです。

スポンサーリンク

もう決して悩まない!子育てに立ちはだかるPTAへの参加有無。

 PTAのことで悩んでいらっしゃる方は決して少なくないと思います。今回は何かと話題の多いPTAについて、『親の幸せ、子供の幸せ』という観点から見ていきたいと思います。一体験として、現在PTAに不安を抱えている方の参考になればと思います。

the strongest bond.

PTAを愛する母*P友との出会い

 年が明け、四月から子供がいよいよ保育園や、幼稚園、小学校に入るご両親は、たくさんの楽しみと今まで感じたことのない不安が入り混じった、何とも形容しがたい緊張感がすでにあるのではないでしょうか。でも、大丈夫です。子供は素晴らしい順応力を持っています。不安は当然ですが、子供の未来を思い描く時、常にできるだけ明るい未来を想像しましょう。もちろん自分の未来も。大丈夫、今のこの状況から最高の出来事だけがやってくる。全てがうまくいくのだと、何度も何度も自分に言い聞かせて。
 
 私が小学生の頃、母は専業主婦でした。二年生になった時、母が恐れていたことが起きました。PTA役員に無理矢理選ばれてしまったのです。なぜ恐れていたかというと、母は社交的な性格でしたが、何よりも人前で話すことが大の苦手だったからです。
 恐る恐るの挑戦でしたが、幸運なことに母は仲間に恵まれ、周りの人の助けもあり、何とか無事にPTA役員の責務をこなしました。

 先日、母に電話した時のことです。母はとっても明るい声で「今度『P友』とのお食事会があるんだ。今度は中華!」と嬉しそうに言いました。母がP友(ピートモ)と呼ぶのは何と三十年以上も前に一緒にPTAを務めた仲間です。PTA役員をやめてからも、毎年、年に何回も当時の仲間と会って、食事会で大盛り上がりするそうです。そんな人もいるのかと、半ば呆れつつ、すごい絆だな、と感心しています。

避けては通れないPTA

 私の子供が保育園に入園して直後のことです。ついに私にもPTAの話が保育園からありました。突然、同じ組の保護者の名前が書いてある用紙を渡されます。立候補したい人は自分の名前に〇を記入し、推薦したい人の名前を二人、〇を記入してくださいと書いてありました。と、言われても一度も面識のない方ばかりです。
 
 用紙の下の方には、卒園するまでに最低一回はPTA役員を務めるよう、注意書きがありました。そして、入園して二年目についにPTAに選ばれてしまいました。
 
 PTAの最初の会合では、誰も会長や副会長に立候補しないので、じゃんけんで負けた人がやることになります。とにかく誰もやりたくないのです。みんな自分の生活で精一杯ですから。その時、私の妻が参加したのですが、帰宅すると「平会員ですんだよ」と言って笑顔で帰ってきました。さすが!勝負事にめっぽう強い!(私は弱い)
 
 私の子供が通っていた保育園では、PTAに選ばれても、運動会や保育園の夏祭りで簡単な補助をするくらいで、それほど大変ではありませんでしたが、二ヶ月に一回の割合で平日の夜八時に会合があり、行かなければなりませんでした。

Geyserville Elementary School (p) 02

避けて通ろうPTA

 さて、子供が成長し、今度は小学校に入学しました。私は子供が保育園に通っている間に、PTAは任意のボランティア団体ということを知りました。つまり、本来は自由参加で、やりたい人がやる有志の団体です。絶対に強制してはいけません。
 そのことを念頭に、入学式に参加しました。式の終了後、PTA役員の方が保護者席の前に来て、PTA会費の支払い方法や旗持ち当番のことを説明しだしました。その小学校では一年間PTA役員を務めても、次の一年は免除されますが、その次の年からはまた選ばれる可能性があります。
 
 PTA役員の話に耳をじっくり傾けて聴いていましたが、最後まで任意の団体であることは一切説明がありませんでした。そこで私の中で強烈な不信感が募りました。その後渡された用紙の中では、保育園の時のように、見知らぬ保護者の名前が書かれており、その横に推薦したい人に〇をつけるよう指示されています。


 妻に相談すると、妻も私同様、不信感を募らせています。妻はPTA役員経験のある複数の友人から、広報係になってしまい、休日返上で年三回新聞を作らなければならず、本当に大変な思いをしたという話を聞いたばかりだったので、元々乗り気ではありませんでした。
人間、どんな組織に属するにしろ、不信感の中にいては幸せにはなれない。親が不幸なら子供も不幸になる
 自由をこよなく愛する私達夫婦の意見が一致し、担任の先生を通じて、PTAには入会しないことをPTAに伝えてもらいました。先生によると、そんなことをしたのはクラスで私達だけでした。私の友人に小学校の教諭を務めている人が他県に二人いますが、PTAに参加しないことを伝えると、二人共同様に心配しだしました。
「うちの小学校では考えられない。みんな強制参加だよ」
「先生や他の保護者に何か言われなかった?」

PTA会長と副会長からの電話

 すると、数日たって、PTAの副会長を名乗る女性から電話がありました。とっても丁寧な口調でご挨拶されると、予想通り、PTAに是非参加して欲しいとの内容でした。
 私は「自分の意志で、子供達のためにボランティアで活動することは本当に素晴らしいことだと思います。でも、任意の団体であり、私達夫婦は、PTAには参加せず、自分達ができる範囲で、自分達で決めたことをさせていただきます」とお話しました。副会長は残念そうに電話を切りました。
 さらに数日後には、PTA会長からも連絡がありました。副会長同様、とても丁寧な言葉遣いです。同じように、PTAに入って欲しいとの熱心なお誘いでしたが、入学式の時に任意の団体であることを説明しなかったことに、不信感を抱いたことをまずお伝えし、副会長にした同様の説明をし、また反PTAのような活動をする気も一切ないことを伝えました。会長は急にトーンダウンし、電話を切りました。時々心配されますが、その後誰からも別に嫌がらせも何もありません。(あっても気にしません)
  驚いたことが一つありました。PTA会長からお手紙が届いたのです。そこには、「PTAは任意の団体ですので、参加・不参加は自由です。何かありましたら、いつでもご連絡ください」と直筆で書かれていました(お手紙嬉しい!でもそれ、入学式の時に言って下さいよ、会長さん!Sunset family

PTAはあくまでも任意の団体*参加有無は全て親の自由意思

 PTAで活動する時間や精神的な余裕があり、そこで子供達のために活動したいという方は、入会すればいいと思います。PTAを社会貢献の機会ととらえたり、情報交換の貴重な場とすることも、素晴らしいことだと思います。
 ひょっとしたらあなたも将来、「来週の水曜日?P友とお食事会。今度はイタリアン♪」なんて言いながら私の母のように人生を謳歌しているかもしれません。

 ただ、他者に強制したり、入らない人に何か不満を言うのは、やめていただきたいな、と思います。また、PTA関係の方ももう少し正直に、入学式の時に任意団体の旨を説明し、一人一人、はっきり参加・不参加の意志を確認したほうが、かえって今後のPTA活動の活性化につながるのではないでしょうか。

bedtime stories - an encore of Quiet, LOUD! - _MG_0292

  これからお子様が入園、入学される方は、もしPTAという組織が信頼できなかったり、心配の対象になるなら、参加する必要はありませんし、最初の一年はやめて様子を見る、という手もあります。信頼できない組織に身を置いたところで、ストレスがたまるのは目に見えているからです。任意の団体です。参加しないことは、決して無責任ではありません。
 
 PTAに費やさずに済んだ時間で、お子様と楽しい時間を過ごしてください。忙しい日々が続き、お子様と一緒にいることがストレスに感じて一人になりたいと思うなら、学校の学童に預けたっていいのです。土曜日もやっています。いちいち罪悪感を感じる必要はありません。罪悪感はあなたの心の健康を蝕みます。リフレッシュした上で、いっぱい愛情をお注いであげましょう。「たまには一人になりたい」それも人間として当然の欲求です。こんなことがあるかもしれません👇

一分間のショートストーリー『自分を大切にすれば、笑顔になれる』

 ある日の土曜日、夫は朝早くから出張に行っていません。明美は、小学校2年生の息子のユウヤ君の存在がちょっぴり気になって罪悪感を感じています。
(ユウヤのことをとっても愛しているはずなのに、今日はどうしても一人きりになりたいと思うなんて、私はなんてひどい母親だんだろう)
明美の心配はまだあります。
(このことが近所の山本さんにもしバレたらどうしよう。ただえさえ、PTAやってないのに、ひどい親って思われるかも)
 でも明美は思います。人の評価より、自分の正直な気持ちが大事。それに、どうせいずれ社会にでていく子供達。普段やるべきことをやっているのだから、時には社会に頼ればいい。今日だけ、学童にあずけちゃおう!!
 
 明美は速攻で弁当を作り、ユウヤ君に「ママ急用ができちゃったから」と言って、思いっきり抱きしめた後、学童に行くユウヤ君を見送ります。明美は一人きりになりました。久しぶりに、誰にも邪魔されず好きなことを何でもできます。
 
 アロマストーンにラベンダーオイルをたらし、リラックスモード開始。気になっていた服をネットショッピングで買い、チョコレートをつまみながら、録画してたまっていたお笑い番組を見て、笑い転げます。久しぶりに故郷の幼馴染とも電話で話して盛り上がりました。
 
 午後には友人に教えてもらったイケメンがいる美容院に行って、気分爽快。帰宅後、趣味のアクセサリー作りに没頭します。時計を見ると5時。その時、ユウヤ君が学童から帰ってきました。
「ただいま~!」明美はユウヤ君を愛情いっぱいに抱きしめます。
 その時、ユウヤ君はママの明るい表情に気づきます。明るくて当然。朝から最高の時間を過ごしたのだから。
「ママ、どうしたの?何かいつもより元気だね。何かいいことあった?」
明美は愛する息子の目を見つめ、
「ママはすっごく元気だよ。何でか知ってる?ママね、いつも自分のことを大切にしているからだよ」
 ユウヤ君は嬉しくて仕方がありません。だって大好きなママがとびっきりの笑顔だから。そしてこの時、ユウヤ君は七歳にして、人が何十年もかけてやっと悟る素晴らしい人生の教訓を小さな胸に刻み込むことになります。
(そっか、自分を大切にすれば、笑顔になれるのか)   

 The END

Shonan_50

人にどう思われるか症候群からの脱却

 今日という一日を、自分の心に忠実に従ったおかげで、イライラする自分とはおさらば。子供も親を恐れず、のびのびと生きていくでしょう。成長してからも親を真似、自分を大切にし、生涯どんな困難に出会おうと、自分なんかいなくなっていい、死んでしまえ、などとは思いません。それは親が自分を大切にすることの尊さを教えたおかげで、確固たる自尊心が育まれたからです。

 私達は誰かにいい親として高評価をもらったり、社会に採点してもらうために、生きているわけではありません。人にどう思われるかを気にしすぎると、本当に大切なことを見失ってしまいます。
 
 私自身、子供の頃から自尊心が著しく欠け、『人にどう思われるか症候群』にひどく悩まされました。PTAの存在は、そんな弱い自分と完全に決別する、最終テストだと思ってありがたく実践中です。PTAに直面し、真剣に考えるきっかけを持ったことは、私の人生を明るくしてくれています。
 PTAに参加するかどうかは、人の動向は気にせず、自分の正直な心に従いましょう。そうすれば、どちらを選んでも、後悔はしません。

 最後に、人目が気になった時、私が大切にしている言葉をお送りします。

“What you think of me is none of my business.”
(あなたにどう思われようが、私にはとっては全く関係のないことです)

長くなりました。最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。
Your spiritual friend, ラニ