希望発見ブログLooking for HOPE

心を癒す旅 ~もっと楽しく、もっと気楽に。

希望発見ブログLooking for HOPE

Welcome to "Kibou-Hakken"blog Looking for HOPE with your spiritual friend,Lani.
希望発見ブログでは、霊的真理(スピリチュアリズム)を元に、瞑想、心の癒し、死後の世界(天国)の実像など、霊的な知識を中心にお伝えしています。(いかなる宗教とも一切関係ありません)◎皆様の受け入れられる範囲でお読み下さい。

スポンサーリンク

霊的真理(スピリチュアリズム)の記事一覧

人やペットは亡くなったらどうなるのか?天国とはどんな場所なのか?先に旅立った最愛の人とはもう一度再会できるのか?死後の世界の実像を詳しくまとめています。最も読んでいただきたいカテゴリーです。

愛の霊的体験談特集②【声が聞こえた編】*この世を旅立った人による天国からのメッセージ

グッゲンハイム夫妻の調査では、全米で約5千万人の方が、一度以上の霊的なコミュニケーション体験があることがわかりました。今回は他界した人の【声が聞こえた】体験談とそのメカニズムをお伝えします。

愛の霊的体験談特集①【気配編】*この世を旅立った人による天国からのメッセージ

2022年最初の記事は、グッゲンハイム夫妻の著書「生きがいのメッセージ」から、天国へ旅立った方の気配を感じた霊的体験談をお伝えし、その霊的メカニズムもあわせてお伝えします。

地上と天国【異なる生活習慣10撰】で知る人生の霊的メカニズム~絶望は「希望」の始まり

私達は何のために生きているのか?なぜいくつもの試練があるのか?今回の記事では天国と地上生活の違いをあげ、霊的観点から人生の目的と意味をお伝えします。

日本に霊的知識を普及するきっかけを作ったある家族の物語*最愛の人の死を乗り越えて

霊界側からの働きかけで、霊的知識に科学的証拠を見つけるスピリチュアリズムの動きが19世紀にアメリカに始まりそれは日本にもやってきました。今回はその歴史や日本のスピリチュアリズム史に欠かせないある家族のお話をお伝えします。

【祈りと成仏の関係③信仰と真実偏】*「信仰よりもっと大切な生き方がある」

地縛霊の救済を30年以上続けたウィックランド夫妻の著書から、今回は宗教的信仰が理由で地縛霊となってしまったり、死後深い後悔にさいなまれている人の言葉などをご紹介します。

【祈りと成仏の関係②霊的教訓編】‟元”地縛霊とその家族の証言「皆さん、どうか知ってほしい!」

前回の【①基礎知識編】に続き、今回は実際に自殺や霊的無知が原因で地縛霊となってしまった人や、霊界側から地縛霊となった家族の救済を試みた人の言葉をお伝えします。

【祈りと成仏の関係①基礎知識編】*死後もこの世をさまよう人達の原因と対処法

生前の偏った思想など、様々な理由で死後もこの世に留まり続ける人がいます。今回の記事では、人が死後、地縛霊になってしまう原因、また私達が地縛霊にできる祈りの効能についてお伝えします。

人は天国で【情熱】に生きる*天国へ旅立った少年の話からわかること

情熱は人々が天国で生きる基盤となり、人は死して尚、情熱を燃やし続け、好きなことを追求したり、天国で助けを求める人や、地上の人々を援助する活動を行います。今回は、人の情熱と天国の関係をお伝えします。

天国と許しの関係【後編】*天国でも生前の言動を深く後悔する人達と許しの霊的な意味

人は天国へ旅立った後も、生前の自らの言動を深く後悔し、自分を許せずに苦しむことがあります。今回は、その理由となる霊的メカニズムと、許しが人の心に与える重大な意味をお伝えします。

天国と許しの関係【前編】*亡くなった方への罪悪感を乗り越えるための霊的知識

どうして自分だけが生きているのか。亡くなった方への罪悪感は、喪失の悲しみの中でもとてもつらいものです。今回は霊的観点から、人がこの世を旅立つ意味、またこの世に生きる意味についてお伝えします。

宗教的な迷信に惑わされないために、心にとどめておきたい霊的知識【神道、仏教、キリスト教】

日本には霊的に良いところがたくさんあります。最も良いところは、宗教色が薄いことです。今回は、キリスト教、仏教、神道の歴史のひもをときつつ、霊的真実にせまります。

【生命誕生の霊的プロセス】*人生の目的と人間が持つ驚異的な潜在能力

なぜ、私達は地上に誕生し、人生を過ごすのでしょう。今回は、霊的観点から、生命誕生のプロセスをご紹介し、そこから見えてくる、人生の真の目的や私達人間が秘める霊的資質をご紹介します。

天国からのラブレター*結婚式の直前に他界した男性が、婚約者に送った霊界通信

結婚式の直前に婚約者が睡眠中に亡くなってしまい、深い悲しみの中にいたイギリス人画家グレース ローシャーは、ある日突然自動書記にて天国にいる婚約者からメッセージをもらいます。今回は、その内容を皆様にご紹介します。

44歳で他界したアメリカ人女性、スーザン ウェルズが見た【死の瞬間】と【天国の風景】

弁護士として活躍していたアメリカ人女性、スーザン ウェルズは、44歳の若さでこの世を旅立ちました。その後、霊能力を持つ友人ハリエット カーターに天国の様子を詳しく知らせてきました。今回はその内容をご紹介します。

今のうちに知っておきたい*死後の世界に備えるための基本的な霊的知識

死はいつ、どんな形でやってくるのか、誰にも予測できません。だからこそ、少しでも死後の世界について知っておくことで、最期の瞬間まで恐れることなく自分らしく生きることができ、死後、新たな環境で何一つ問題なく順応できます。

神秘のスパイラル構造*芸術、遺跡、宇宙、自然、人体の【らせん・渦】が教えてくれること

世の中はある神秘的な法則によって成り立っています。それがスパイラルの原理です。宇宙にも自然にも、遺跡にも人体にもスパイラルの兆候が見られます。今回は、スパイラルの神秘が私達に語りかける霊的真実をお伝えします。

あなたを愛し守り続ける永遠の魂の家族*ソウルグループ、ソウルメイト

人類は皆、兄弟。そんな風に考えられれば、きっと世界はもっと平和になるはずです。 今回は、霊的観点から人類は本当に皆兄弟であること、そして私達一人一人にいる血縁関係にも勝るソウルグループと呼ばれる霊的家族ついてお伝えします。

世界的作家コナン ドイル霊言集10撰*霊的知識を学び、人生をたくましく生き抜こう

シャーロック・ホームズで知られる作家、コナン ドイルは作家業以上に、霊的知識の探求と普及に人生を捧げた人でした。今回は彼の言葉を通して、死後の世界の実像に迫ります。

人生は祈りと共に*天国にいる最愛の人へ、想いは光にのって届く「フラッシュ」

古代からどの文化圏でも、人々は祈りと共に生活を営んできました。祈りは私達の率直な思いに気づかせてくれるだけでなく、人生をより良くする力があります。今回は霊的観点から祈りの真実に迫ります。

亡き妻に会いたい*霊能力を身につけたフレデリック スカルソープが見た天国の風景

妻を亡くしたスカルソープ氏は、霊能力の養成学校に通い、霊能力を身に着け、霊体を肉体から意識的に離脱させることにより、天国の妻と再会しました。 霊界側の援助の元、天国の様々な場所を訪れたスカルソープ氏の言葉と共に、天国の実像に迫ります。

名声よりも真実を*死後の真相を徹底的に研究した偉人のスピリチュアリズム名言集10撰

19世紀の中盤から始まった近代スピリチュアリズムにおいて、多くの科学者が霊能力や霊現象を実験し、死後の世界を実証しました。しかしそこには社会的・宗教的弾圧がありました。今回はそんな苦難を乗り越え、霊的真実に向き合った先人の言葉をお届けしま…

ヘンリー シーグレーブ、33歳でこの世を旅立った世界的レーサーが死後、妻へ送った言葉

愛する人の突然の死ほど、人生においてつらいことはありません。1930年、33歳の若さでこの世を旅立ったヘンリー シーグレーブは、死後、自分が生きていることを妻に伝えようとしました。彼と妻の実話を通して、死後の世界の真実を見つめます。

「シルバーバーチの霊訓」誕生秘話*ハンネン スワッファー、天国の恩師の言葉に導かれた運命

人は一生に一度、魂が霊的に開花するきっかけがあります。ハンネン スワッファーにとってそれは、ジャーナリズムの全てを教えてくれた恩師の死でした。のちにシルバーバーチの霊訓を世に広めるきっかけを作ったスワッファー氏の人生を見つめます。

模範的霊能者・ヘレン ヒューズ(Helen Hughes)の物語*苦しみも思いやりも永遠の財産

地上の人々からも霊界の人々からも、その素晴らしい人間性を賞賛され、愛された霊能者がいました。ヘレン ヒューズです。病苦などの困難を乗り越え、たくましく生き抜いた彼女の人生をお伝えします。

亡き息子を想う物理学者オリバー ロッジと英国最高の霊能者グラディス レナードの物語

死んでしまった息子は、本当に天国で生きているのだろうか?今回は、この疑問に正面から向き合った世界的物理学者オリバー ロッジと彼に手を差し伸べた英国最高の霊能者グラディス オズボーン レナードのお話をお伝えします。

自動書記による霊界通信【第三回】人間イエスの謎に迫るジェラルディン カミンズとフロリゼル フォン ロイター

イエスはどのような少年時代を送り、社会の混乱や宗教の腐敗にどう立ち向かったのでしょう。20世紀最高の自動書記能力を持つと言われたジェラルディン カミンズやフロリゼル ロイターが、その謎を解き明かしてくれます。

「自動書記による霊界通信」【第二回】ジョージ オーエンの試練と「ベールの彼方の生活」

1913年、イギリス人牧師のジョージ オーエン氏が自動書記によって霊界通信を受け取りました。彼が発表した「ベールの彼方の生活」は世界的ロングセラーとなりました。同時にそれはオーエン氏に人生最大の試練をもたらします。

「自動書記による霊界通信」【第一回】ステイントン モーゼスの挑戦と「インペレーターの霊訓」

天国からの通信を受けとる方法に、自動書記という手法があります。これは霊界側が、霊媒能力を持つ人間の潜在意識を使用し、手を自動的に動かすことで、メッセージを伝える手法です。 スピリチュアリズムの歴史の中で、先駆者的な霊界通信をお伝えします。

イエス キリスト/キリスト教の霊的真相【後編】「聖書・イエスの再臨」

聖書は世界中の言語に翻訳され、人類史に大きな影響を及ぼしてきました。いったいその編纂にはどんな歴史的経緯があり、霊的には何が正しいのでしょう?今回は、聖書とイエスの再臨について、歴的・霊的双方の観点から真相に迫ります。

他界した最愛の人は生きている!*死別の悲しみを乗り越えた女性達の物語(エステル ロバーツ)

今回は死別の悲しみを乗り越えたイギリス人女性達の実話をご紹介します。このお話を通して、天国にいる人と、地上の人との時空を超えた愛に満ちた霊的絆をお伝えできればと思います。